SanDisk RescuePRO Deluxe ファイル復元ソフトを入れてみた。が...

SanDiskのUSBメモリを購入したらパッケージの裏に、RescuePRO Deluxeというファイル復元ソフトのコードがついていたので入れてみた。
復元系のソフトは大抵有料なのでまともに使えれば結構いいんじゃないか?


URLも書かれていないのでネットで検索してみる。

どうやらここからダウンロードするようだ。


2種類あるようだが、今回は右のDeluxeの方だ。
Windows版をダウンロード。バージョンは6.0.2.1

起動するとアクティベートキー取得画面が表示される。


すでにアクティベールしてしまったためスクリーンショットが取れないので、
ヘルプに追っていた画面イメージだが赤□のアドレスにアクセスしてコードを取得する必要がある。

https://activations.lc-tech.com/activation/activate.php?vendorid=1&security=12344321&locale=en&logo=lctech.jpg

パッケージの裏についているコードはアクティベートキーではなく、取得のためのライセンスコードの様だ。
言われるままこちらのサイトからコードを取得する。
いろいろと入力しないというけないので非常に面倒だが適当なことを入力しても大丈夫なので適当に入力。^^;
登録すると次の画面でアクティベートコードが表示されるのでメールアドレス自体も嘘アドレスでも大丈夫だろう。

表示されたコードをコピペするとソフトは利用可能になる。

初期画面だ。

「メディアバックアップ」のボタンを押してみる。


ふむふむ。
突き刺しているメモリなどが表示されてるな。

とりあえず戻って....

「写真画像の復旧」を押してみる。


デバイスが出てこない....^^;
なんじゃぁ?

ほかの復旧関係を押してみるが結果は同じ。
「メディアバックアップ」だけ正常?にリストアップされる。

ちょっと作りこみ甘すぎかなぁ。
SanDisk自体は嫌いじゃないけどこのソフトはちょっと怖くて使えないかなぁ
(ソフトはLC Technology International製)

ネットを見ると有料ソフトとしても販売しているような感じだが、
作りの雰囲気からすると付加価値を上げるために有料販売しているような気がしてならないぞ。

すべての利用環境で同様の症状が出ているとは思わないが、
今回は不具合の解消したところで使う気になれないので、このままアンインストールさせていただきます。

※未使用のライセンスコードが、まだ10個ほどあるので使ってみたい方は差し上げます。
Twitterのダイレクトメッセージから「ライセンスコードくれ!」とでも連絡して見てください。
(無くなったらこの文章消しますので、消えてなければまだ継続中ってことで)

シェアする

フォローする