HHDは壊れやすいメーカーというのが確かにあるよね。 久しぶりにHDDを買ってみた。

仕事上では頻繁に購入しているが、久しぶりに自宅用に購入した。
基本的にお金がないのでHDDは容量当たりの単価が安いものを使っている。
しかし全くこだわりが無い訳でもなく。耐久性は気になる。

10年ほど前の話になるが、その頃まではとにかくWDのHDDが壊れまくっていた、
社内でHDDがクラッシュしたとかいうとまず間違いなくWD製だったのだ。
自宅のHDDにも各メーカー所有していたが、片っ端からWD製が壊れていった。
そんな訳でHDDを注文する際も「どこのメーカーでもいいけどWD以外でお願い」と言っていたほどだったのだ。

そんな訳でその頃は、Seagate製を好んで使っていたのだが、
その頃を境にSeagateが壊れ始めたのだ。WD比率が下がっていたので気が付きにくかったが、
さすがに1年以内に壊れればまるむしでもおかしいと気づく。^^;

そんな訳で海外メーカーに嫌気がさし、その後は日立製を使っていたのだが、
安定していていい感じだったのに無くなっちゃいましたねぇ。

WDは数年で壊滅、SGは新しい物から壊れていきます。(変だよねぇ)
自宅用のHDDで生き残っているのはHITACHI製ばかりです。
というか1本も壊れてないかも...

しかし最近はWDの評判がいいみたいですね。
WDを見切ったまるむしとしては、なかなか手を出しにくいのですが、
まぁ10年も経てば品質も変わるのかな?
とか思いつつ、「壊れたので調べて」と頼まれたIODATAの外付けHDDを分解したら中からWD製のHDDが出てきた。^^;
うぅやっぱ信用できねぇなぁ。 ちなみにこれは1年で壊れたようです。

てなわけで今回は、安くて評判も悪くないこちらにしました。 東芝製ですね。

今時なら3T~4T辺りの容量のHDDがコストパフォーマンス高いけど、
フォーマット形式の違いやらいろいろと面倒だし、吹き飛んだ時のダメージが大きいので無難に2Tで行っときます。
こちらのHDDはそこそこ速いらしく、高耐久モデルらしい。
まぁその辺は自力では調べていないので確信はないのですが、
アクセス音がゴトゴトと懐かしい音がするらしいですね。
あの音結構好きなのでOKですよ。

シェアする

フォローする