PCカードを分解して見る Panasonic KX-PH402D 

手元に使わなくなったPCカードがあったので分解して見た。
犠牲になったカードは、これPanasonic KX-PH402D PHS用のデータ通信カードだ。
PCMCIA1.jpg


この手のカードは似たような構造だと思うのですが、金属板のサイド(長辺)が巻き込むように成形されているので、分解後は完全にもとの形に戻すのは不可能です。
修理して又使おうと考えるなら、巻き込み処理されている部分は、ダイヤモンドカッターなどで切断するのが吉。
上下(短辺)は両面テープで接着されているようなので、カッターの刃や金属へらなど薄くて硬いヘラ上のもので、剥離すると綺麗に取れると思います。
ドライバーなどでやると変形したり、こじると基盤に傷をつけて再起不可能になるので慎重に。
裏表の金属板を剥がし、フレームを除去しました。
PCMCIA2.jpg

PCMCIA3.jpg

シェアする

フォローする