PWM ソーラーチャージコントローラー 20A を買ってみた

買ってみたのでレビュー

先日のソーラーパネルと一緒にチャージコントローラーも買ってみた。
バッテリーの使いすぎで過放電にならないように出力コントローラーは自作してあるが、100W級となると入力のコントロールも必要かと思い買ってみた次第だ。



外箱綺麗ですね。^^;


スペックです。
難しいので要点を言うと、入出力Max 20A 12V/24V対応
各種バッテリー対応、PWM制御方式、日本語取説付き、USBポートあり
って事で購入しました。(セールで2398円でした)


下のカバーを開くと接続端子が見えます。


ソーラーパネル接続端子、バッテリー接続端子、出力端子が並んでいます。


左端にドライバーが内蔵しています。
ドライバーぐらいいくらでもありますが、内蔵していると地味に便利ですね。^^


テストでソーラーパネルの代わりに安定化電源を繋いでみます。


意外や正しい電圧を表示していますね。^^


バッテリ温度


フロート充電移行電圧


ブースト電圧

ちなみに日本語取説付きという事で購入しましたが、付いていませんでした。(TT)
Amazonの中華は結構このパターンが多いですね。
しょうがないので販売元にメッセージを送ってPDFで提供してもらいました。

が、

そもそも購入したものの取説は存在せず、上位モデルの取説だけの様です。
改めて問い合わせましたがはぐらかされてしまいました。
ある程度予想はしていたので追及はせずメッセージのやり取りは切り上げました。

動作確認はこれぐらいにして分解してみましょう。


すっきりしてますね。^^;


右はバックパネルの鉄板です。放熱用だな。


ってことは右のグレーのシートの下は高温になるトランジスターの類か。


ところでこれ、意味あるか?
粘着性もなく埃っぽいシートが間に挟んであっただけなのだが….
どちらかというと放熱の邪魔をしているような気が…


基板取り出しました。
意外と綺麗ね。


カバー側はこんな感じ。
防水性は一切ありません。


液晶部分


端子部分

こんな感じでした。
ふたを閉めて元通りにするのですが….放熱シートが気になる。
取っ払おうかとも思いましたが


一応シートは戻すがグリスのせておくかな。。。


CPUグリスの残りを載せておきます。


シートをのせてさらにグリス


んで鉄板と。
とりあえず元の状態よりマシになるだろう。

さて使用感ですが、一応問題なく動作しているっぽいです。
使い始めたばかりなので今後問題が出てくる可能性はありますが、とりあえずは使える感じです。ただし先ほどの放熱周りは気になります。

商品はまぁ良いのですが、販売元の対応はかなり微妙ですね。
まず、掲載されている写真が現物とは異なります。
取説も別のグレードのもので、実際は計測不可能な入力電流もできるような記述になっています。
その辺を承知の上で購入すれば不満は無いかと思います。
不満があれば、記載と違うという理由で返品は可能ですしね。^^

まるむしは返品せずこのまま使ってみます。

 

コメント

  1. momonger より:

    非常事態用に100Wパネルを2枚、安物のチャージコントローラー、接続端子、逆流防止ダイオード、車屋から貰ったバッテリー、、、と部品は揃っているのだが、設置に至っていない怠け者の私。
    重い腰を上げねば。

    • まるむし より:

      こんにちは^^
      そこまで揃っているなら明日にでも。

      まるむしはパネルをバルコニーに平置きしたままなので発電ムラが酷いです。
      ソーラーパネルは直射日光を受けてなんぼなので、ちょっと考えなければいけません。
      がしかし同じく腰が重い。。。パネルの正式設置は少し先になりそうです。^^;

      エアコンの室外機(2段積)の日よけを兼ねて設置しようかと妙案を考えたのですが、台風を想像するとちょっと腰が引けちゃいました。

タイトルとURLをコピーしました