Nintendo Switch ファンの音が五月蠅いので交換してみた

修理・メンテナンス

スイッチは子供のおもちゃなのだが、ある日やたらとファンが五月蠅い事に気が付いた。
不規則な振動音のような音が鳴っている。どうやらベアリングあたりに問題があるようだ。
だとするとファンの交換をしなければいけないだろう。
軽微な症状ならグリスアップでも改善するだろうが、どちらにしても面倒な分解作業になるので新品に交換してしまうのが正しい選択だろう。


Amazonで640円でした。 もちろん純正ではありません。

では早速分解してみます。


裏面4隅にネジがあるのでここから攻めます。


おやおや特殊ネジですか...
※特殊ネジはこの4か所のみでした。


こちらに2か所


こちらは+ネジですね。


こちらは1か所


+ネジです。


ここにもネジが。


+ですね。 しかし何だこの埃は^^; 掃除しろよな。
これじゃSDカード入れても絶対認識に無いよね。


こちらは5か所


+です。


フィルム配線が付いているので分離はできません。
反対側も同じなので省略。


裏面カバー外れました。
予想通りですが埃だらけです。


全面を覆うアルミカバーが見えます。
ネジ止めなのでこれもすべて取ります。
ファンの上と右上の基板のネジも取ります。えーと全部で6箇所かな。


黒いクッションのようなものがあります。
なんでしょう?


埃防止かな?
下にコネクターがありました。


上に持ち上げるタイプですね。
これでアルミカバーが取れます。


取れました。


放熱グリスが付いていますね。


とりあえず作業を進める前に電池を外しましょう。


持ち上げると外れました。


今回の目的のファンです。
スポンジが張り付いてます。送風の漏れ防止でしょうか?
粘着なので綺麗にはがすのは諦めます。


ヒートシンクを取ります。
ネジは3本ですね。このネジだけで止まっています。


取れました。


当然ですが裏にもグリスが付いています。


組み立ての際にグリスを載せ直さないと上手く放熱できなくなるので綺麗にしておきます。


エタノールで掃除しました。


スリットに埃が溜まっていました。
これではうまく放熱できないので、頻繁にファンが回っていたはずです。
ファンの寿命を縮めた原因にもなったはずです。


エアーダスターでブローしておきました。
細かな埃が残っているので超音波洗浄も掛けておけばよかったかな。


ファンが取れるかと思いましたが、こちらの基板が被さっているためまだ取れません。


こちらの基板のコネクタも持ち上げるタイプです。
上のネジも取ります。
右のフィルム配線は取らなくてもファンは外せるのでこのままにしておきます。
左下の樹脂は補強用でしょうかね? こちらは取ります。


取れました。
これで基板が動かせます。


フィルム配線があるのでこのまま右にめくる感じで。
これでファンにアクセスできますね。
ネジは3箇所です。


ファンのコネクタです。
グレーの部分を左から持ち上げる感じですね。


これで配線が引き抜けます。


取れますした。


本体側の様子です。


新旧並べてみました。


振動吸収用のシリコンが付いていますね。


これは再利用します。


問題なく所定の場所に収まりました。
ここから先は折り返しです。組み立てましょう。


CPUグリスの残りがあったので塗りました。


アルミカバーとの接触箇所です。
こちらにもグリスをのせますが隙間が多い様で完全には接触しませんでした。


と言う訳でグリスましましで。
このグリスは薄くは伸ばさずこのままアルミカバーを閉めて自然に押しつぶされるようにします。

ここから先は完全に逆の手順で組み立てればOK。^^

動作確認して作業完了です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました