ノートPC ディスククラッシュに備えてバックアップを設定してみた EaseUS Todo Backup スマートバックアップ

まるむしの場合、デスクトップPCはパーツを集めて組み上げることが多いのだが、
ノートPCはそうもいかずプリインストールモデルを購入している。
今時のノートPCにはディスク内に復元領域が用意されており、そこからシステムを再インストールできるようになっている。
これは一見便利なようだが問題が2つあるのだ。

ディスクそのものがクラッシュしてしまえば打つ手なしである。
だからPCをセットアップした直後には、リカバリーディスクを作成しておく必要がある。
クラッシュしたディスクを交換し、再インストールすればいい。
(簡単に交換できない機種が増えてきたのは困りものなのだが)

ここでもう一つ問題だ。
ネットサーフ程度に利用していたなら復旧も時間はかからないだろうが、セッティングが面倒なソフトがたんまりインストールされていた場合は復旧作業にうんざりしてしまう。

ではどうすればよいのか?
ディスクを丸ごとクローン(複製)しておけばいいのだ。
残念ながらWindowsの標準機能でクローンを作ることはできないので専用の装置かまたはソフトが必要だ。

目的は違うがクローンの方法は過去記事にあるので参照してほしい

システムドライブの高速化 M.2 SSD にクローンコピーしてみた EaseUS Partition Master 15.8
今日は、Cドライブ(システムドライブ)を先日入手したM.2 SSDに置き換えてみようと思います。 ドライブを入れ替える方法としては、再インストールするのが正攻...

これでひとまずは安心なのだが、クローンはディスクを丸ごとコピーする為時間が掛かるので頻繁には行えない。
作成中のプログラムやドキュメント類、分析したデータなど日々更新しているファイル類を守るためにはもっと頻繁にバックアップする必要がある。
そこで今回のお題目だ。

EaseUS® Todo Backup Home - Windows用の簡単かつ安全なバックアップソフト
【EaseUS(イーザス)公式サイト】最新のWindows 11にもご対応!EaseUS Todo Backup Homeは世界中高好評をもち、ささやかな金でWindows PCの&ノートパソコン内の重要なファイルやシステムのバックアップを安全かつ快速に実現してくれます。

こちらのソフトのスマートバックアップが便利だ。ちなみにクローンも作れるぞ。

では実際にバックアップをやってみましょう。
ソフト的なOSにも対応できるようにシステムバックアップも取っておこう。
Windows標準機能でも可能だが、こちらの機能でバックアップしておくと一元管理できるので扱いが楽なのでやっておくことにする。


OSのバックアップを選びます。


今回は外付けHDDにバックアップするので「ローカルのドライブ/LAN」を選択


保存先を選択。


バックアップが始まりました。


終了。さほど時間は掛かりません。


バックアップされたファイルはこんな感じですね。


サイズは約50GBでした。

次回のバックアップの予定ですが、システムに関しては月1程度のスケジュールか、もしくはWindowsの大規模アップデートの更新前に手動で行うのが良いと思います。
(大規模アップデートでPCの調子が悪くなることが多々あるのでーー;)

さて、次は日々のバックアップの設定ですね。
頻繁に丸ごとバックアップするのは、資源的にも時間的にも無駄が多いので、差分バックアップが有効かと思います。
差分バックアップというのは、一旦バックアップ対象のフォルダをまるごとバックアップしますが、その後は追加、更新、削除によって変化があったファイルのみを反映してバックアップする方法です。
また古いファイルも時系列で保持されているので日時を指定して復元することもできます。

例えば、毎日Excelのファイルを更新したが、数日後に問題を見つけたといった場合でも数日前まで遡って復元できると言う訳だ。
無論その間に何度かバックアップを実行しているという前提ではある。
そしてそのバックアップの間隔が短ければ短いほど、望み通りの場所まで遡れる可能性がアップすると言う訳だ。

幸い差分バックアップは実行間隔を短くしても更新対象が無ければ容量は食わず、処理時間も短くて済むので好都合だ。

※他にも増分のみをバックアップするという方法もあるが、方式上バックアップサイズが肥大化するので、まずは差分バックアップを考え、問題がある場合は差分や全バックアップを検討すると良いと思う。

今回、このソフトにはスマートバックアップというお手軽な機能があるのでそちらを使う事にします。


設定開始の初期画面です。


バックアップしたいフォルダを選択し、宛先(保存先)を選択します。
そして「実行」。シンプルですね。


1発目の対象ファイル全バックアップが開始しました。


バックアップが終了し、そのまま待機モードになりましたね。


保存先のファイルはこんな感じです。


ファイルサイズは保存内容に依存するので参考になりません。
このPCは購入後間もないのでほぼ空っぽなので54MBしかありませんでした。


その後30分後に差分ファイルが生成されました。

とっても簡単な設定なのでバックアップ初心にも安心ですね。
セッティングしたが復元しようとしたら上手く取れていなかったというような失敗は少なそうです。

しかし逆にある程度の知識がある人から見ると、動作のルールが分からず不安があると思うので簡単ですがルールを書いておきます。
(最新の説明ファイルが見つからず旧バージョンからの抜粋ですがおそらく同じ仕様だと思います)

・初回は全バックアップを行います。
・全バックアップを7日ごとに行います。
 但し、全バックアップの保持は2ファイルで古いものは削除されます。
・日々、その日の最初は前日との差分バックアップを生成します。
 このタイミングで前日分の差分ファイルは削除されます。
・30分ごとに差分バックアップを行います。
 但し、差分ファイルの保持は6ファイルで7ファイル目が生成された時点で古いファイルが1つ削除されます。

なかなかよく考えてますね。
フリーのバックアップツールでもこの動作は再現できますが、セッティングが結構面倒なので、簡単な設定だけでこの動作をしてくれるのはとても助かりますね。

暫くこのセッティングで運用してみます。^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました