引き戸倉庫の錠交換です プッシュ栓錠 ALPHA N503

修理・メンテナンス

かぎの交換は簡単です。なので今回はただの交換記録です。
古いの取って新しいのを付けるだけです。
サイズが同じならという条件付きですが^^;


築50年の倉庫で、ねじ込み錠です。


ねじ込んだ状態を裏から見るとこんな感じですね。
反対の扉の雌ネジにねじ込まれて固く固定されるわけです。
機能は問題ないのですが開閉に手間取るのでもう少し簡単に開閉できるタイプに交換します。


プッシュ栓錠 ALPHA N503
取り付け扉厚み:21~33mm
ストローク:12mm

扉の厚みが30mmだったので適正範囲内です。
穴の大きさは調べていませんがまぁ何とかなるでしょう。^^;
このタイプの錠はそもそも選択肢が少ないです。


ネジで固定されているだけなので簡単に取れました。


抜いた錠はこんな感じ。裏からネジ止めしてあるだけです。
まぁ最新のものでも取り付け方法は大差ないですけどね。


新しいのを突っ込んでと….えぇ入らない^^;
サイズを測ると18.2mm。こんな太いドリル持ってねぇよ^^;;

んんん困った。。けど見えなくなる場所なので

これでゴリゴリやっちゃいます。


穴広げました。といっても写真では殆ど判りませんね。


取り付けました。


受け側です。プレートの厚み分彫り込んでますね。
大工さん、ちゃんと仕事してました。



こちらの穴もちょっと小さいので拡張して受けのプレート付けておきます。(写真撮り忘れた^^;)
戸の立て付けは悪く隙間は多いので、そのまま取り付けておきました。


完成です。
穴のサイズが違ってちょっと手間取りましたが無事交換完了です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました