工作超初心者向け 簡易イオントフォレーシス作り方 多汗症治療

自作イオントフォレーシス

興味を持たれた方から作り方について質問がありましたので突貫工事で作図してみました。(雑な合成画像ですみません^^;)

なお、装置の使用についてはすべて自己責任でお願いします。

まるむしが実際に作成したタイプ(スイッチング電源)ではありませんが、
超初心者向けの乾電池仕様の作り方です。
ある程度技量のある方は、電源をACアダプタや直流安定化電源などに置き換えるとコスパ良く使用できると思います。

<材料>

・定電流ダイオード 18mA  1本
・006P電池スナップ 3個
・006P乾電池 3個
・ワニ口クリップ 2個
・配線 適量


定電流ダイオード(CRD) 18mA 又は 15mA

何mA流すかは人それぞれかと思いますが、とりあえずは18mAぐらいが良さそうです。(まるむし嫁談)

とても小さな部品ですが工作の肝です。
1方向に一定の電流を流す性質があります。
極性があるので繋ぎ方に注意してください。(帯状の印を目印に配線)


006P乾電池と006P電池スナップ(コネクタ)

006Pは、角型の乾電池で1個で9Vあります。
3個直列して27Vとして使用します。
006P乾電池は、普段使用する機会の少ない電池ですがメジャーな電池なので100均にも置いています。


ワニ口クリップと配線です。

配線はもちろん電気を流すためですが、ワニ口クリップは手を付けるアルミトレーと接続するために都合が良いので使用をお勧めするだけなので、金属製のクリップなどで代用しても良いですし、直付けで省略しても問題ありません。

<作り方(配線)>


結線図です。 27V 18mA の仕様です。
※CRDは向きが分かるように拡大表示しています。

手が入る大きさのアルミトレー2枚に水を入れて接触しないように並べます。
それぞれのトレーにクリップで接続します。
手を浸けると両手を通して電気が流れます。(ちょっとピリピリする感じ)


もし物足りないなら、電池を増やして電圧を上げるのではなく、
CRDを並列して電流量を増やします。
この図では、18mAを2本並列しているので36mAという事になります。

この形状のCRDは最大で18mAなので、18~36mAの間で調整したい場合は、
もう少し電流量の少ないCRDを組み合わせると良いでしょう。
例えば15mA×2なら30mAですね。

<補足>
006Pを使用しているのは1個で高い電圧が取れるためです。
単3電池などでも構いませんが、27V/1.5V=18本も必要な計算になります。^^;

ジャンクのACアダプタを使用する場合はトランス型ではなく、スイッチング型をお勧めします。
トランス型は無負荷の状態では規格以上の電圧が出る事と低品質な場合パルス状の電流が流れているためピリピリと刺激がきつい様です。
安心して使用するには直流安定化電源の購入を検討しても良いかもしれません。


出力電圧と電流を細かく設定する事が出来ます。
この電源単独でも電流量は設定できますが、安全を考慮して必ずCRDを使用することをお勧めします。


配線を繋ぐ方法ですが一般的にはハンダ付けでくっつけるのが一般的ですが、
道具が何もない場合は一式(最低限ハンダゴテとハンダ)そろえる必要があるので、今後も使用する予定が無いなら配線を皮膜を剥いてぐりぐりネジってつなげるだけでも当分は問題ないかと思います。
なお使用するハンダゴテのワット数は小さいもので十分です。
最近は100均でも手に入りますね。(100円ではありませんけど)

※CRD以外のものは、100均やホームセンターなどで手に入るものばかりですが、
CRDについては、電子部品の取り扱いがある店でないと手に入りません。
大型電気店に行っても店員は工作素人なので十中八九「はぁ?」と言われます。
大阪なら日本橋、東京なら秋葉原あたりですが、ネット通販でも手に入ります。
Amzon、楽天、ヨドバシ、その他電子部品店の通販など

コメント

タイトルとURLをコピーしました