低床フロアジャッキ(2t)をモノタロウで買ってみた

以前から使用してる3tのフロアジャッキも健在なのだが、

ちょっと遅いがスタッドレスタイヤに交換しようとフロアジャッキを引っ張り出したはいいが、 スカスカでジャッキアップで...

スペーシアカスタムの場合、サイドからは問題ないがセンターから上げようとすると車高が低くてジャッキが入らないのだ。
それに3t用となると重量もあるので、運搬がかなり億劫なのだ。

んで、低床用でもう少し軽いジャッキが欲しかったので、モノタロウにて買って見たってわけだ。


こんな感じ。取り立ててアピールする点はありません。^^;

お手頃価格の5290円(税抜き)
重量13Kg
本体高 130mm 可動域 85mm~375mm

キャンペーン価格で、5237円(税込み)でした。


ハンドルが入ってました。
自分でつけるようですね。


ねじ止めではなく、ちょっと強引に広げてはめ込むだけの様です。

使用中の写真は無いのですが、結構ギリギリでした。
取り付けたハンドルが完全には倒れないのでこの部分が一番高くなってしまいます。

本体の全長が短いのでジャッキポイントまで押し込むと、ポンプアップできませんでした。
しょうがないのでバーを浅く差して少しずつ上げていくことになりました。
今度ショートバーをつくるか、バーの角度を変える改造をしないと使い勝手が悪そうです。
でもまぁモノタロウ製じゃなくてもきっと同じ問題は起きるんだろうな。

上げてみた感じは、まぁこんなもんでしょう。
センターから上げるとかなり重いです。これに限らず2t用だとこんなに重いんですね。
やっぱ3t用のほうがかなり楽に上がります。
バーの長さが本体と同じ程度なので重く感じる原因の1つなのでしょう。
もうちょっと長くすれば軽くなるかな?

ジャッキに関しては、多くを語る知識が無いのでこの辺で。
またバーの改造でもしたらネタにしますね。

シェアする

フォローする