100均 ゴキブリほいほい(類似)を買ってみた

まるむし宅では日頃警戒して策を講じているので頻繁に見るようなことは無いのだが、庭や倉庫には(多分)相当量のGがいる。

で定番のゴキブリほいほいなるアイテムの登場なのだが、
1枚約60円だ。 信頼の捕獲率なのだが数匹取れた段階で出来れば速攻始末したい。
でもスカスカだとなんだかもったいない気もする。

な訳で100均の類似品を買ってみた。


粘着ゴキブリとり 5枚入り
1枚約20円なので本家の1/3の値段だ。


サイズは、90*165mm
本家は、111*222mmなので、1周り小さいことになる。
多分本家にすっぽり入るぐらいのサイズだ。

こんなに小さくて捕れるのか?とちょっと心配になるが本来狭いところが得意な奴らなので問題は無いのだろう。


本家では、粘着剤の塗り方も進化して筋状に塗られていたりもするが、こちらはベタ塗です。

今思い出したが、ゴキブリほいほいが初めて発売された時は、チューブ入りの粘着剤を下絵の線に沿って自分で塗っていたなぁ。(歳がばれる^^;)

中央付近に付属のエサを置きます。
そのまま広げておくと粘着スペースが狭くなるので、まるむしは適当に丸めておくようにしています。

スロープなどの折り目は、きわめて単純な形状をしています。
本家でいうとかなり初期の頃の形状ですよね。


天井部をはめ込んで完成です。
折り目が単純なので組み立ては簡単ですね。

さて、捕獲率なのですが。。。
えーと。。。沢山捕れました。^^;
というか入れ食い状態の倉庫だったようです。
本当は比較すべきなのでしょうが、実のところまるむしも直視したくないので辞めておきます。
とりあえず捕れるという事ですね。何と言っても1枚20円ですから気楽にポイ出来るんじゃないでしょうか?


最近こんな便利アイテムを見かけるようになりました。
隙間にワンプッシュだそうで。
まだ使ったことは無いのですがちょっと気になります。


元を断つ的な感じでは、こちらのホウ酸団子の進化系。
食べたら死んじゃうやつ。共食い知ているところは想像したくないけど確かに見かける頻度は下がります。


確かな証拠を残す。捕獲系ですね。処理に抵抗が無いなら有効です。
でも奴らも賢くて継続的に仕掛けるとだんだん捕まらなくなってきます。

シェアする

フォローする