100円ショップ詐欺 発電LEDライトのニセモノを分解して見る 

以前100円ショップで購入したLEDライトが出てきた。
結構明るかったので、家族へのプレゼントも含めて3~4個購入した記憶がある。
実はこの発電型LEDライトはニセモノなのだ。というか詐欺なのだ。
100円詐欺ライト1
なんと発電できると言いながら、実は中に電池が入っていたというとんでもない商品なのだ。


100円詐欺ライト2
電池不要といいながら、電池がないと点灯できない間抜けライト。
ちなみにこのタグがストラップについたままになっているのは、
使う前に壊れたからです。^^; 粗悪にも程があるよね。
100円詐欺ライト3
販売元は大阪の100円グッズを卸している会社。
製品自体はもちろん中国製。
このライト問題になって一時期ホームページで回収をしていたようなのだが、
その期間は不明。 掲載されているという情報を元に見に行った時はすでに情報は何もなかった。
まぁちょこっと掲載してお茶を濁すって感じなんでしょうね。
100円詐欺ライト4
グリップを握るとギアによって発電用のコイル部分を回転させる仕組みなのだが、
つくりが悪く何回か握るとギアがかみ合わなくなる粗悪品。
100円詐欺ライト5
発電用の超弱力永久磁石が入っています。
こんなに磁力の弱い磁石は久しぶりに見ました。^^;
100円詐欺ライト6
LEDヘッド部分に意味不明のキャップが。。。
100円詐欺ライト7
圧電ブザーのカバーのようなキャップだな。
隠し機能で防犯ブザーでも入っているか?
100円詐欺ライト8
答えはボタン電池でした。
3個入っています。もちろんLED点灯用に結線されています。
電池が切れたらこのライトはもう使い物になりません。
もちろん購入したライトの電池は切れ、その上すべて壊れました。
白色LEDだけはまぁ部品に使えそうなので回収しておきます。

シェアする

フォローする