まるむしアンテナ

自作に改造、修理、メンテナンス...とりあえずなんでも自分でやってみよう!

By

自作サイクロン 完成

材料費は1000円(ぐらい?)な自作サイクロンの完成です。
すこぶる調子が良いので、もらわれて行く事も無く余生をまるむし宅でおくる事でしょう^^
自作サイクロン 集塵機
ペール缶より上のサイクロン本体部です。
連結はコンパネとネジ棒を使って挟み込み、ぐにゃぐにゃしないように軽くナットで締めた構造になっています。
下のコンパネにはコーンを突き刺しているだけ、
バケツもコーンに刺さっているだけ、
そして上からまたコンパネでふたをしてあります。
完成したらコンパネを丸く成型しようと思っていましたが面倒なのでそのまま^^;
各連結部にはコーキングが塗ってありクッションの役割をするので隙間はありませんが、
ばらす気になれば簡単に分解可能です。(コーキング大好き!^^)

Read More

By

自作サイクロン 減圧弁を作ってみた

試作初号機 100円ショップバケツサイクロンで解った問題なのだが、
吸い込み口が異物で塞がった時の急激な負圧でバケツがベコベコへ込んでしまった。
1号機を作る際には必ずつけなければと思っていたのが減圧弁だ。
今回はバケツよりは強度があると思われるがあったほうが安心なのでやはりつけることにする。
減圧弁といって大層な物ではなく、吸い込み口が塞がり急激に負圧が増したら開く穴をつけるだけだ。
仕組みは簡単なのだが、使える廃材探しが大変だったりする。
弁が開く負圧の調整も難しそうだ。早く開いたら吸引力が落ちてしまう。
いろいろ考えて完成したのがこれ。^^
自作サイクロン 減圧弁自作サイクロン 減圧弁P9210119_R.jpg
※トップはコンパネで作っているのでその部分につけました。(全貌は近日ということで^^;)
ネジ棒の先に丸くカットした透明の弁(適当な商品パッケージをゴミ箱から救出して切り抜いただけ^^;)を取り付け、
スプリングをとおし、ナットを付いた黄色いキャップ(目薬のキャップ)で圧力調整という細工です。
今回どうしても調達できなかったのはスプリング部分で、手ごろな代用品も見つからず購入してしまいました。
ちょっと負けた気分です。^^;
見た目のサイズはジャンプ傘のスプリングが使えるような気がしたのですが、あれは恐ろしく硬くて使えませんでした。
近所の小さなホームセンターにて「指で強くつまんで少し縮むやつ」というのをイメージして探してきました。
テストした結果ですが、これがすこぶるいい感じです!
吸い込み口を塞ぐと、弁が開きブオー!と音がして動きがよくわかります。
どの程度で弁が開くかはつまみで調整するのですが、かなり精度で微調整できました。
適当に作りましたがいい感じで作動しています。調整部分さえ用意すればスプリングの硬さにはあまり神経質にならなくてもいいのかもしれませんね。
また弁を透明にしているのでこの部分からサイクロン内部の様子を見ることが出来ます。
サイクロンの材料にはなるべく明るい物を選んでおくといいですね。
まるむしはサイズの問題でしょうがなく黒ですが、コーンは黄色にしたので見ることが出来ました。

By

自作サイクロン 1段目の加工です

自作サイクロンの続きです。
2段目に続き1段目の加工をしました。
※パーツの呼び名は知りません^^;
 勝手に1段、2段、3段と呼んでます。
 1段目:サイクロン:遠心分離部分
 2段目:コーン  :減速部分
 3段目:ゴミ箱  :粉塵蓄積部分
1段目の材料はもちろんこれ
自作サイクロン
先日、このゴミ箱の底がぴったりはまるようにコーンを加工しました。
まずは底に穴を開けます。
ゴミ箱の底にコーンの口径と同じ丸い穴を開けます。
切り取り位置のマーキングにはサークルカッターで傷をつけました。
(色が黒なのでコンパスだと見えにくいからね)
自作サイクロン
吸い込み口を作ります。
使う材料はこれ。塩ビパイプのジョイントで数十円で買えます。
廃材で手ごろなものが見つからなかったので購入しました。
1号機で使用したものと同じサイズを使います。

Read More

By

自作サイクロンのコーンには100円ショップのスケボー用のコーンをいい感じ

自作サイクロンの部品調達に100円ショップへ
自作サイクロン
以前から目をつけていたコーンをゲット。
どうやらスケボーなどでスラローム?をして遊ぶときに使うことを想定した商品のようです。
駐車場などで使うコーンに比べれば小さいですがちょうどいい大きさ。
普段よく目に100円のコーンはすごく小さいのですがこれはちょっと大きめでゴミ箱?ぐらいの大きさです。
自作サイクロン
裏はこんな感じ。
段差があるのでこれを利用してコーンの上の遠心分離部分の素材をついでに100円ショップで探します。

Read More

By

ペール缶ゲットだぜ! サイクロン2号機製作開始です

知り合いからエンジンオイルのペール缶を頂きました。
サイクロン終段のごみをためる部分に使います。
終段は大き目のゴミ箱でも何でも良いのですが、なぜか自分の中で終段はペール缶だ!って事で入手待ちのまま数ヶ月たっていました。
まぁ負圧が掛かるのでまったく何でも良いというわけではないですね。
それなりのサイズ、それなりの強度がある容器ということになります。

ペール缶ってこういうのね。^^
周辺部品もそろえなければ....手ごろなものが見つかればよいのですが、
難しそうなのがコーンの部分をどうするかです。
この部分には、以前から目をつけていた100円ショップの三角コーンを使ってみたいと思います。
結構大きめでそれなりの強度もありそうでした。 ただどこの100円ショップでも置いているわけではないようです。
とりあえず100円ショップにGo! ^^

By

300円で作る簡易サイクロン

すでに貰われて行ったので写真はありませんが、まるむしが愛用していた簡易サイクロンです。
木工の作業場で大活躍でした。

なんだぁこの絵は? 判るかなぁ?^^;;
材料は、100円ショップのバケツ2つ、吸引用ホースを接続する塩ビパイプのジョイント、ミルク缶ぐらいの空き缶です。
サイクロン本体の主だった材料は300円前後でしょう。
これだけの単純構造ですが、掃除機にはほとんどゴミは回り込まず常にクリーンな状態が保てます。
上のバケツがサイクロン本体
下がごみを貯めるバケツとなります。
作り方は簡単
サイクロン用バケツのそこに掃除機の先が突っ込める穴を開けます。
用意した大き目の空き缶にも同様に穴を開けます。
空き缶の反対側は缶切りなどで切り落として完全に開放しておきます。
サイクロン用バケツの下の方の側面(完成時でいうと上方)に吸引用ホースを接続するパイプを接続。
空き缶は、接着なり、ネジ止めなり好きなように固定。
隙間はコーキングなどで埋めると安上がりですね。
これで完成です。

Read More