まるむしアンテナ

自作に改造、修理、メンテナンス...とりあえずなんでも自分でやってみよう!

By

レンタルサーバー(XREA) PHPのバージョンアップでHPが文字化けしてしまった。

レンタルサーバー(XREA)の更新でHPが文字化けしてしまった。
XREAのサーバーは、十数年前から借りておりその流れで現在にいたるのだが、
最近サーバーが更新された様子、それは喜ばしいことなのだが、
設置してあるHPが全ページ文字化けをしてしまった。
よく見ると漢字が化けており、キャラクターセットが絡んでいると一目でわかった。
昔作ったサイトで、キャラクターセットにSift_JISを使ってPHPで書いてあるんだよね…

念のためXREAに問い合わせてみると、適切な回答が得られたので参考までにここに残しておきます。

誠に恐れ入りますが、PHP 5.6 以上では、デフォルト文字コードの設定がそれ以前より厳しくなっております。
現在、*****@s**.xrea.com 上の各サイトは、PHP 7.0 で動作する設定かと存じますが、その場合、
/public_html/.fast-cgi-bin/php70.ini
に、「default_charset = “”」の一行を追記するか、各 PHP スクリプトと同階層に「.user.ini」を設置し、「default_charset = “”」を記載いただければ解消される可能性があるかと存じます。

ということでした。
今回は、
/public_html/.fast-cgi-bin/php70.ini
への書き足しで無事復旧しました。
参考まで。

By

手早く軽量な日本語PHP開発環境を用意する LinuxBean+NetBeans+apache2+Mysql

非力なマシンでも、とりあえず日本語が使えてPHPのコードが書けてデバッグテストできる環境を手早く用意する手順をメモっておきます。
参考にしてください。
なお最速というならコマンドラインからの操作が速いのですが、初心者向けにコマンドラインからの操作は最小限に進めます。(というか単に好みの問題^^;)

Read More

By

WordPressのwp-login.phpへのアタックが醜いのでIPアドレスでブロック

WordPressのwp-login.phpへのアタックが醜いのでIPアドレスでブロック

あるサイトのアクセスログを見ると最近異常にアクセスログがふくれている。
訪問者は増えているわけではない。単にapacheのログが膨れているのだ。

スクリーンショット_012215_105518_AM
うううぅ酷いなぁ^^; ちなみにALL自作PGのサイトなので、
wp-login.phpなんてファイルは存在しません。
気付よバカ! もっとスマートにやれよ!(いや、やっぱりやめて^^;)

Read More

By

まるむしアンテナ サーバーがまる1日ダウン^^;;;

まるむしアンテナのHPは、自宅サーバーで稼働しています。
どうも朝方停電でもあったようでサーバーがダウンしていました。
UPSや自動起動の設定はしていないので、一度停止してしまえば手動で起動しないといけないのですが、
幸い2、3時間後に気が付いたわけです。
まるむしアンテナなんてさほどのアクセス数もありませんから、朝方の数時間なんてなんてことは無い訳です。

サーバーを起動してと…
ネームサーバーもダイナミックですから、ルーターが再起動した時点でIPアドレスも変化してしまっています。
定期更新はしていますが、ググって見に来てくれた人には申し訳ないので、すぐに反映されるように手動でDDNSを更新します。

とりあえずローカルネットからHPが見れることは確認して、
まぁこれで大丈夫でしょう! ってことでお出かけです!

ってさっき帰ってブログを見ると….アクセス数が朝と変わらない? なんでだ?
DNSの更新に失敗したのか? DNSチェック異常なし。 んんんんん。
てな感じで今なのですが、原因はルーターでした。^^;
ポートマッピングの設定が全部消えていました。
(まるむし家の玄関まで来たが、カギが掛かっており中に入れない。って感じですかね)

なんで消えちゃったかというと、サーバーのIPアドレスを変更(ローカルネット上)したので、
ポートマッピングの設定も変更して、正常稼働を確認(数か月前)したのですが、
なんと最終の保存更新をどうもしていなかったようです。

※保存していなくても変更情報は電源が入っている限り有効だったりします。
(NECのルーターです)

んなわけで、間抜けなまるむしのイージーミスでほぼ1日まるむしアンテナはダウンしたままでした。
この間見に来てくれた方ごめんなさい。^^;

By

ProLiant MicroServer にインストール可能な非推奨OSの動作確認です HP ProLiant MicroServer Turion II NEO N54L

HP ProLiant MicroServer Turion II NEO N54LにOSを入れるわけですが、
本来このモデルは有償OSのみ操作が保証されておりフリーのOSはサポートされていません。
が、フリーのOSをまったく受け付けないと言う訳でもないようです。
発売当初の状況はわかりませんが、選択肢は増えているのではないでしょうか。

とりあえずサーバーにする予定なので、CentOS6.5 を導入してみました。
OKです! なんの問題もなく入れることが出来ました。

ついでに以前から気になっているが重いので毎回却下になっているopenSUSE13.1もいれてみました。
こちらもOKです! なんの問題もなく入れることが出来ました。

他にも
VineLinux
openSolaris
Ubuntu
SLAX
なども確認できているようですね。
こちらに動作確認したメモの画像が掲載されていました。
http://ykr.ykr414.com/2010/12/26/hp-proliant-microserver-cafe-akihabara-event-1/

追記:CentOS 5.10 も問題無しでした。

By

激安仮想サーバー DTIのServersMan@VPSで通信途絶!ヽ(  ̄д ̄;)ノ

激安仮想サーバー DTIのServersMan@VPSで通信途絶!ヽ(  ̄д ̄;)ノ ってタイトルに書いてるけど
罰に悪口を言おうと言うのではない。ただのトホホな愚痴です。

dti_vps
DTIの仮想サーバー(VPS)サービスは、激安の490円/月です。
ROOT権限も有りでなかなかお得感ありのサーバーですよ。(そこそこ動きますし)
んな訳で、まるむしも数ヶ月前からテストサーバーとして利用していたのですが、
最近DTIよりメールが有り、
CentOSのバージョンを6.2から6.5にアップすると、通信不能に陥ると言うことでした。

ふーーーんって感じだったのですが、既に自分が陥っていたのです。
Webminから適当にアップデート(yum)しちゃってたんですね。(  ̄д ̄;)

今回の現象は、「サーバー再起動すりゃなんとかなるっしょ!」ってものではなく、
「通信不能」になってしまいます。
ってことはSSHすら接続できなくなり、サーバーに対し一切手をつけられなくなってしまうのですよ!
なんてこったぁ! 電源のON/OFFしか出来ない….
おっともうひとつだけできることがありました。ガクガク(((( ;゚Д゚))))ブルブル サーバーの初期化….
データーベースのバックアップとってねぇーよ。(T^T)

※本日付で再度アナウンスが有りました。

作業日時 :  2013年12月12日(木) 11:00 より
2014年 1月27日(月) 20:30 まで

作業内容 :  仮想化プラットフォームのバージョンアップ

早ければ2日後サーバーにメンテナンスが入るそうですが、遅いと2ヶ月間サーバーが止まったままです。
自宅サーバーなら難とでもなるのに、実体が無いサーバーなので待つしかないんですかねぇ。

By

MySQL WordPressの投稿済み記事を一括修正するSQL

WordPressにかぎらず、DrupalなどDBを利用したブログシステムでは、投稿記事がテーブルに格納されている。
WORDPRESSの投稿記事の文中に定型文として挿入している文字を修正したい場合、
エクスポート/インポートでテキスト修正する方法もありますが、
件数が多すぎてエラーになったり、作業に時間がかかってしまったりで結構苦労します。
ところがこのようにSQL文で修正すると、作業はDB内で完結するのであっという間に終わりますよ。
wordpressの本文は、wp_posts というテーブルの post_content のカラムに格納されています。
UPDATE wp_posts SET post_content=REPLACE (post_content,’変更前文字列’,’変更後文字列’)

なお、ブログシステムを稼働させたままシステムデータを手動更新する事は
システムに矛盾を生じさせる原因につながります。
当然のことながらメンテナンスモードにしてから作業するとか、
失敗してもいいようにバックアップを取ってから作業するなどの配慮が必要ですよ。