まるむしアンテナ

自作に改造、修理、メンテナンス...とりあえずなんでも自分でやってみよう!

By

珍しいかたちの花が咲いたよ。^^

珍しいかたちの花が咲いたよ。^^
花?花びら?(合弁花というらしい)が、スクリューというか風車というか何とも変わった形だ。
P1040815_R
ちょっとピンボケになってしまいましたが、これは「ハツユキカズラ」の花です。
今まで見たことが無かったので、多分咲くのは珍しい方なのでしょう。

P1040812_R
ハツユキカズラの葉っぱはこんな感じですね。
日当たりが悪いせいか、初雪が降った様な白い葉はほとんどないので、
名前を知らない人にはピンとこないですよね。

ポットで売られているのを見ると判るかな?
↓↓↓ そう!これです。見たことあるよね?

By

苺がたくさん採れたのでジャムりました^^

じいさんの畑で苺がたくさん採れちゃいました。
おいしいんだけど日持ちしないんだよね。
袋に採って集めると重みで潰れて1時間も立つと痛みが目立ち始めちゃうんだな。
不味くなる前に何か使い道はないかと考えてジャムにする事に。
普段は料理っぽいことあまりしないのだが、
まるむし嫁に聞くとレンジでチンでできちゃうよってことなので作って見ました。

P1030029_R
苺に砂糖、レモン汁、サラダ油数滴でレンジでチンです。
レモンは凝固促進、油は吹きこぼれ防止らしい。 料理は科学だね。

数十年ぶりにジャム食べました。^^
おいしいけど、やっぱちょっと甘すぎるかな。

By

庭のさくらんぼ収穫です。^^;

庭のさくらんぼ収穫です。^^;
さくらんぼ収穫
大きなのがナポレオン、小さいの2つが佐藤錦
今年の全収穫です。(T_T)
受粉させる暇も無く今年も少収穫です。 ベランダで鉢植え状態の時の方が沢山採れたなぁ...なんでかなぁ。

By

エンドウ豆のタネを注文

まるむしはエンドウ豆は好きじゃないんだけど父の希望でスタンダードな品種を注文しました。

楽天で買うと安いんだけど送料がねぇ^^;
タキイで直接買うと送料無料なんだけど値段がねぇ^^;
注文金額でどちらで買うか決めると良いですよ。
ちなみにまるむしは、サラダ感覚で食べられるスナップエンドウなんかがいいんじゃないかと思いますが^^

豆類連作ができないので難しそうですね。
しかしこの写真、色が悪いなぁ^^; 冷凍いんげんみたいな色だ。
まるむしが写真載せるならこんな感じにするけどなぁ。
まるむしエンドウ

By

スイカが突然枯れ始めた 原因は?

スイカが突然枯れ始めた。
病気だと徐々に進行するイメージなのだが、あまりに急激過ぎる。
葉にも特に異常は無い。
水のやりすぎでも似たような症状になるが、今回は違うようだ。
色々調べた結果どうやらこれが原因のようだ。
害虫 ウリハムシ

成虫は葉を食べるが、幼虫は根を食べる。
根の近くに卵を産みつけこの時期幼虫がいっせいに根を食べ始める。
スイカは根をやられ急激に弱っていくといった感じだ。
この手の虫には、有機リン系殺虫剤が有効。
マラソン乳剤などがそうだ。 もうすぐ収穫なので薬害が心配だが、一応スイカの場合は前日まで散布OKということなのでまぁ大丈夫なんだろう。
ちなみに根類(ダイコンなど)は、2週間以上前までとなっているのでうる覚えではなく使用前にちゃんとチェックしないとダメだぞ。

マラソン乳剤 500ml

マラソン乳剤 500ml

価格:860円(税込、送料別)

By

この草何の草?

最近芝生の隙間になぞの草が生えてきました。
この草何の草?
高麗芝の葉と比べると分かりますが、かなり細かい葉ですね。
淡い緑で細かくて綺麗なんですが、今まで見たことがありません。
ちなみに葉っぱはずっとこの大きさのままで、生息範囲のみ拡大って感じなので、多分この状態で大人の葉っぱなんでしょうね。
これなんていう草なんでしょう?
知っている方教えてください。m(_ _)m
この草何の草?この草何の草?
マクロで見るとこんな感じ。

By

ドクダミ茶の原料採取^^ 原料ってもちろんドクダミの葉ですけど... ドクダミ茶の作り方

裏庭に生えた雑草^^; じゃなくて薬草のドクダミを摘みました。
まるむしは飲まないけど、家族に好きなものがいるので摘んであげました。
ドクダミ茶の元^^
ドクダミを薬草として使う場合は摘む時期が大事です。
薬効としての成分がピークに達するのは開花し始めぐらいだそうですよ。
旬を逃すとどれほど効能がダウンしてしまうのかは分かりませんが、とにかく今が旬です。
ドクダミは全草(根から上の全て)を刈って、水で埃などを洗い流し、
少量に分けて(風通しを良くする為ね)ひもで縛って逆さまにぶら下げて陰干しです。
薬草の干し方には、天日干しと陰干しに分かれるのですが、ドクダミは陰干しです。
間違えないように。
どっちでもいいじゃん。乾きゃいいんでしょ?と思うかもしれませんが、どうやらそうではないようです。
日光にさらす事により、成分が抜けてしまったり、変質してしまうものがあるようです。
数ヶ月乾燥させて完全に乾いたら、今度は適当な大きさ(お茶葉として使い易いサイズ)にカットして、密閉容器に入れて保存です。
古くなると薬効も抜けていくようなので基本的には翌年の新しい葉ができるまでが消費期限ですね。

ドクダミ茶 50g(どくだみ茶)

ドクダミ茶 50g(どくだみ茶)

価格:630円(税込、送料別)