激安 デジタルオシロスコープ Q15001 と1:1/1:10の高電圧プローブを買ってみた

前々から存在は知っており欲しかったのだが、使用頻度が低く躊躇していたのだがとうとう買ってしまった。

踏み切った理由は、ちょっと安くなっていたという事もあるが、ちょうど原因不明(多分電源ノイズ)の症状に悩まされていて原因箇所を消去法で絞り込む必要があったのだ。
テスターではどうしても波形やノイズなどを読み取ることができないので、頻度の問題ではなく可能か不可能化の問題なのだ。
値段は、 2,911円 通常時より安く買えました。^^

基本組み立てキットなのですが、これは完成品です。
値段もほとんど変わらず、すぐに使いたいという事もありこちらになりました。


元がキットなのでいい加減なパッケージかと思いきや、非常にきれいな状態でした。


電源は9VでACアダプタが付いていました。
もともとは電源無しで販売が始まったはずの商品なので、この値段でACアダプタ付きはラッキーでした。
どこでも使えるように006P仕様にプチ改造している人も結構いると思いますが、
折角ACアダプターが付いてきたので当面はこのまま使う事にします。

操作方法は、簡単な説明書が付いてきますが基本組み立てキットという事もあり、取説というより組み立ての手順書でした。(おまけに日本語じゃないし)

詳しい操作方法はネット記事や動画で詳しく解説してくれている人がいるので割愛します。
まるむしも見ましたが参考になりましたよ。
つまみがプッシュスイッチになっていることに全く気付いていませんでしたし^^;

ちなみに最大入力電圧は50Vpkってことなので、交流100VはNGです。

今回は必要ありませんでしたが、必ず必要になるのでプローブも別注しました。

プローブの善し悪しは残念ながらまるむしには判らないので、とりあえず安くて割と評判の良かったこちらを購入。
2本で1,399円でした。 激安なりの問題もあるのでしょうがまるむしには十分です。多分。


こちらも届きました。^^


ケーブルも柔らかく取り回しに問題はなさそうです。


1:1、1:10の切り替えができます。
元がピーク50Vなので500VまでOKってことだな。


基本フックて使うと思うが、脱着式で…


ピン(名前知らない^^;)でも使えます。


オシロらしくなりましたね。
付属のプローブは、ワニ口クリップタイプなので対象物がかなり限られます。
もちろんICの足などは挟めないし、家庭用交流の電圧ぐらいは測りたいだろうから汎用的に使いたいならプローブは買っておいた方が良いですね。

とりあえず念願のオシロスコープが買えてよかったです。^^
ブログでも今後ちょこちょこ登場するかもしれませんね。

シェアする

フォローする