Panasonic マグネリミット AZC11013H 分解して見た

マグネリミットとは、まるむしは聞き慣れないのですが要するに扉用のスイッチです。
マグネットで扉をホールドすると共にスイッチがONになるというものです。
逆に、開けるとスイッチが切れるとも言えるので、作動中にうっかり扉を開けると危険な点検口などに使われています。


Panasonic AZC11013H  5A 250V AC
1000~2000円ぐらいの部品です。


部品は金属板と本体


マグネットがあるのでくっつきます。


くっつくと黒い突起が押されてスイッチがON/OFFってわけですね。
それだけです。
長く使っていると樹脂がすり減って押し切れずに接触不良が起こり始めました。
安全確保のためにつけている部品だったので、今回は修理せず交換しました。

交換ついでにいつもの様にちょっと中の様子を観察します。^^

こんな感じ。簡単に開けることができました。
メンテナンスは容易ですね。

シェアする

フォローする