ボールベアリングを分解して見た ZZ809

ボールベアリングがゴリゴリと回らなくなってしまったので交換した。
ボールが片減りしてるんだろうなぁ。と思うのだが一度も確認したことが無い。
ここまで状態が悪いと、目で確認できるほど変形しているものなのかちょっと見てみたくなったので分解して見た。

ZZ809 ローラー系の遊具(スケボーとか)にもよく使われているメジャーなもの。
でも大型ホームセンター系でもまとまった数を置いているところは少ないので基本取り寄せなベアリング。
ちなみにグレードがあって、JIS(日本の規格)もあるんだけど、実際よく使われている表記されているのはABEC(アメリカの規格)というものだ。
まるむしも持っているインラインスケートなんかだと、ABEC-5、ABEC-7当りが良く使われていると思う。
数字が大きくなるほど内輪のブレが少なくなりスムーズに回転すると言う訳だ。


メタルシールで再利用不可。
内側の隙間に精密用ドライバのマイナスを突っ込んでは開封しました。


裏側も開封。
オレンジ色のリテイナーが見えます。
ボールを保持している部品ですね。


リテイナーを取り出すとこんな感じ。


ボールです。
目視では何ら異常を感じず。
この程度でもゴリゴリで回らなくなるんですね。
球体用のマイクロゲージで測ったら潰れてるのが分かるのかな?

スポンサーリンク
300-250

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
300-250