ドリルアタッチメント ニブラーを買ってみた

ニブラ―というのは、金属板に綺麗に穴をあける道具だ。
ハンドニブラーというものがお手軽なので、所有しているがとにかく手が痛くなる。
アルミケースを加工するぐらいならよいが、大物になると大変だ。

で、電動ニブラーやエアーニブラーが欲しくなるのだが、
これがなかなか高価なのだ。

ところがドリルアタッチメントタイプのニブラーが安くamazonに出ているじゃないか!
類似品が沢山出ているが相場は、2500~3500円ぐらいだ。
値段は違うが写真を見る限りではどれも同じもののような感じだな。


届いたニブラーです。


グリップ側も外すとヘッドになってます。
2度おいしいって事ですね。

段差のついた円柱型のシリンダが、スリットのついた筒の中でピストン運動する仕組みです。
(ハンドニブラは長方形の切りくずになりますが、こちらは三日月形になります)

パッケージの説明書です。

とりあえず使ってみます。

カットしてみました。
振動があるので正確に直線を出すのは難しいですね。
削りしろを残してラフにカットして、後に整形するという使い方が正解でしょう。


カットしたのは、1.2mmのスチールです。
あっという間にカットできました。超らくちんです^^
焼けることが無いので今回カットしたスチールのように塗装済みのものでもカットできるのが良いですね。


切断面です。結構綺麗でしょ。

切りくずはこんな感じです。

値段が安くちょっと心配な買い物でしたが、これは良いですよ。
今まで時間の掛かっていた作業が超らくちんになりました。
おススメです。^^

※厚物はドリルじゃなくてインパクトドライバがいいですよ。
パワーで押し切る感じですかね。
今回の1.2mmスチールもインパクトドライバでやりましたが、
壊れるようなことはありませんでした。

シェアする

フォローする