洗面台水栓交換 その2 洗面台にキッチン用水栓を取り付ける 1穴タイプ INAX 浄水器内蔵シングルレバー混合水栓 RJF-771Y

新しく取り付ける洗面用のシャワー水栓を探してみるが、1穴タイプの選択肢が殆どないことが分かった。
更に最近洗面所の水の味がやたら不味く感じていたのでこれを機に浄水機能をつけられたらいいなぁと思い条件を加えるとほぼ全滅。
(洗面台下に取り付けるタイプはあるがそれだと常時浄水になるのでボツ)
これは困ったという事でキッチン用で調べると何種類か候補に上がった。


一番安かったのが、INAX 浄水器内蔵シングルレバー混合水栓 RJF-771Y
購入時で15,370円なので古い水栓のホースのみ交換の場合と大差ないコストだ。

しかし洗面台にキッチン用の水栓を付けてよいものだろうか?
てか、そもそも付くのか?
買ってから付かないことが解ったら困るぞ!

ってことで
洗面台用水栓とキッチン用水栓の違いについて調べてみました。

・キッチン用の方が水量が多めの設計になっている。
・形状が大きめ。
・必要な取付穴の形状、サイズはそれぞれ。

って感じでした。

今付いている水栓より大きくなるのでその点我慢すれば付かなくはないようです。
本体の大きさは実際付けてみないと判らないというのはちょっと不安だが、
穴のサイズは採寸してみると取り付け可能範囲だったので、
INAX 浄水器内蔵シングルレバー混合水栓 RJF-771Yを取り付けてみることにします。


キッチン用水栓….です^^;


取説を読んでみると陶器製など固い流し台に取り付ける場合は、取り付け金具にクッションのゴムパッキン(50-1047)を別途購入が必要なようです。

ってことなのでネットで値段を調べると…..
売ってない….どういうこと?

もういいやパッキンなんて適当に作ろう。


手元あったウレタンゴムシート(硬度ショアA60)があったので固さもちょうどいいぐらいでしょう。
適当にカットして貼り付けます。


貼り付けました。
黒いのは固まっても柔らかいままな接着剤です。


別の角度から。

では取り付けましょう。


入りました。よかったよかった。


本体突っ込んでねじ止め。


ネジ穴はカバーを回転させて隠します。


新しい水栓の取り付け金具です。


パッキンが入っていることを確認して…


ここに取り付けます。


ホースをさしましょう。


クリップを取り付けて完了。


後はシャワーホースですが何か足りないようですね。


これがコネクタの様です。


填めました。


オレンジのクリップを取り付けてこちらも完了。


ストッパーです。
以前付いていたものは金属製で重しも兼ねていましたがこちらは樹脂製で単なるストッパーの様です。


赤いマーカーの上に取り付けます。


パチンとはめて完了。


ホースを引っ張るとこんな感じでストッパーとして機能します。

以上で完了ですね。
後はお湯と水の元栓を開けて水量の調整をして終わりです。^^

さて取り付けた感じですが…..やっぱでかいです。^^;
違和感はありますがはみ出すわけでもないので機能的には問題なさそうです。
普段は家族しか使わないところなので良しとしましょう。
浄水もついたことだしね。v^^)

ってことで洗面台にキッチン用水栓は付けられるというと、
大きさ的に違和感はあるが穴の径さえ合えば取り付け可能ってことでした。

シェアする

フォローする