洗面台水栓交換 その1 古い水栓を取り外す 1穴シャワー水栓 MIZUTANI K13-645SUZ

洗面台にMIZUTANIのシャワー混合水栓 1穴タイプが付いているのだが、
最近ホースの劣化が進んで水漏れしていることが発覚。

結構見た目も汚いです。^^;


下はこんな感じ。

ホースを交換したかったのだが、型番が不明。
しょうがないのでメーカーに問い合わせてみたところ

交換ホース:SH-645W 定価13,200円(税別)

ってことでした。ちなみにホースのみは無くシャワーヘッド込みの部品でした。

5000円程度と踏んでいたのですが予想外に高い!
メーカーから購入できるそうですが定価+送料になるのでネットで安く売られているか調べるが、専用部品という事とかなり古いという事もあるのかほぼ定価売りばかり。

シャワーホースのみの交換で約14000円も掛かるならいっそ丸ごと交換してしまおうという事になりました。^^

ってことで今回は古い水栓の取り外しまでやってみます。


裏から見ると大きな樹脂製のナットで固定されているようです。
非常に狭いので手で回そうとしても力が入りません。


ウォータープライヤーが使えそうなのでこれを使います。
これで緩めて後は手で回して抜き取りました。


これで上にずるずると引っ張り出せる状態ですね。
但し、ホース類をすべて外さないと完全には抜けません。

ちなみに水栓用のナット締め付け工具というものがあるようです。
それだと狭くても大丈夫な作りですね。
今回はウォータープライヤーが使えたのでラッキーでした。


ホースの取り外しに掛かります。
その前に元栓を占めておかないと大変なことになりますね。
お湯と水の両方を絞めて念のため上の蛇口を開いて出ないことを確認しておきましょう。


まずは手でクリップを取ります。



引き抜きます。
元栓についているアダプタは今付いている水栓専用のものなので取り除きます。


シャワーホース部分ですが、ワンタッチコネクターぽいのですがすぐには取れそうにないのでナットをほどきました。
適当に取りましたがそもそもコネクターが付いているとかさばって水栓を引き抜けそうにありません。
結局コネクターを取らないといけないようです。^^;
外し方を知らないので取説で確認…


なるほどリングを回転させるとロックにされるのか…
ってことで外し方が分かったので逆の手順で外します。


取れました。


本体側はこんな形です。
これで抜けますね。ホースを一つにまとめて引き抜きます。


撤去完了。

次回は新しい水栓を取り付けます。^^

シェアする

フォローする