コメリ マルチカッターダブルソー 90mm切断機を買ってみた。 RETZLINK RZ-MCC90AC

大型ごみの解体にダブルディスク系の切断機に興味津々だったのだが、amazonレビューなどを見るとどれも評価はイマイチなので購入は結構迷ったのだが、エアーソーや電動ソーでの解体に疲弊しているので今回チャレンジしてみる。

スペックを眺めているとどうやら大きく分けて2タイプあるようだ、90mmディスクと125mmディスクの違いだ。
90mmディスクは切込みが20mm弱と浅いのでちょっと凹凸があると届かないことが多い。
125mmはその点が解消されてはいるのだが、レビューを見ていると125mmのほうが相対的にトラブルが多いようだ。
推測するにディスクへの負担が大きいためトラブルにつながりやすいのだろう。
また実際125mmサイズのものは手にしたことがあるのだが結構重いので長時間の使用は辛いかもしれない。
今回は値段も安く、比較的壊れにくい?90mmを買ってみようと思う。

amazonを見ていると、どれも評価がイマイチな中でどれを買うか迷う。
amazonには出品されていないのだが、コメリというホームセンターブランドのカッターがあって、値段が9980円とお手頃価格なので気になる。

早速ネット上で利用者を探してみるが全くと言ってよいほど情報が見当たらないので善し悪しが全く分からない。
ならば逆にここは人柱的にこれを買ってみるか!ってことで^^;


こちらがそれです。
RETZLINK というブランド名になっています。


コメリのHPでは書かれていないが、RZ-MCC90AC という型番があるようです。
消費電力550Wっと、この手の中では非力な部類です。
ここのところがちょっと心配だったのですが….まぁ後ほど。

重量は2.2Kgと軽量です。
消費電力が少ないので軽量化できたんですね。

切込みの深さは、15mmと浅いです。
この深さは大きな制約なので用途はかなり限られちゃいますね。


550Wなので割りとスリムです。


付属のグリップハンドル。
装着状態ではケースに収まらないので毎回取り外す必要があります。


ハンドルは上部の金属ステーか、本体下側に取り付け可能です。
下側に取り付ける用途ってどんな時なのかな?


潤滑用のスティックワックスです。
成分はよくわかりません。


こんな風に突っ込んで、たまに刃に接触させて潤滑するようです。
送り機構が今一つで空回り気味であまり良い作りではありませんでした。

付属のスティックを使い切ったらシリコンスプレーとかでいいんじゃね?
って感じですね。(ダメなのかなぁ)

とりあえず切ってみましょう。


不要になったガスコンロの五徳です。
サクッと切れました。^^

削れた金属片がバシバシ飛んでくるので防塵メガネは必須ですね。^^;

実際に使ってみたところ、切断のコツは無理やり押し付けない事の様です。
自然に切れる分だけ切っていくというのが正しい使い方の様です。
その方が結果的に無理なく切断できました。

レビューなどでよく壊れたという内容を見かけますが、力で押し切ろうとしてるのではないかと推測されます。

気になっていた550Wという消費電力の少なさですが、まったく非力さは感じませんでした。
むしろ非力さを感じるほど押し付けて使ってはいけない気がします。
ディスクが高速で摺り合わさっているわけですから、ひねりなども禁物ですね。


複雑な凹凸のあるチャイルドシートも切ってみました。
切断する際は対象を固定しないとキックバックで危ないのですが、今回は恐る恐る床に転がした状態で切断しましたが全然大丈夫でした。
これはやはり便利ですねぇ。さすがダブルディスクです。

上方の段差部が切れていませんね。この程度の段差があるともう刃が届きません。
これが90mmの弱点ですね。ちょっともどかしいです。

ってことで大したものは切っていませんがまとめると
・90mmは切込みがかなり浅いので用途を明確に
・パワーはあまり気にしなくてよい。むしろパワーがあると壊しやすい?
・非力はむしろ軽量化に貢献してるかも
って感じかな。

値段も1万以下なのでまぁ満足です。
ちなみに交換用のディスクも1980円と安いですよ。


余談ですが、ケースが割としっかりしていて金属製のバックルでした。
ケースにちゃんとしまって保管することにします。^^

今回は、お試し程度のカットでしたが、バンバン使って何か違うことが分かったらまたレビューします。

シェアする

フォローする