2年前に購入したジャンプスターターがダメになったので分解してみた


やばい! 破裂しそうになってる^^;

ジャンプスターターバッテリー 兼 スマホ&タブレット充電器を車載用に買ってみた。 suaoki T10

2年前に購入して車載していたものですね。
ちなみに2年の間にこれに救われたことはないのですが、他人の車なら1台救いました。
駐車場に頭から突っ込んで止めてるもんだから、救援車のケーブルがエンジンルームまで届かなくてお手上げ状態になってました。
(初めて使いましたがちゃんと機能しましたよ。一発始動でした。)

電池が膨れてしまってこのまま使い続けるのは危険です。
5年ほどは持ってくれるかと期待していたのですが残念です。


とりあえずフロント、リアのはめ込みを外してみます。
すると裏面にはネジが2本出てきたのではずします。


するとすでに膨張で半開きになっていたカバーが取れました。


電池はパンパンです。


基盤はめっちゃ綺麗ですね。
もっと中華な匂いがするのかと思っていました。


はい、基盤の裏表のアップです。参考にどうぞ。


ちなみにこのジャンプスターターは、12000mA仕様のものだったのですが、
2000mAタイプの電池が6枚入っているのでウソはなかったようですね。^^;
基盤も綺麗だし結構信用できるかもね。
今回の膨張は車内の異常な高温のせいだと思うところもあるので、
次買うときは同じ suaoki のものを買おうかな。

シェアする

フォローする