CPUクーラーようやく載せ替え Cooler Master Hyper 212 EVO ナノダイヤモンドグリス JP-DX1

昨年の冬に奮発して組んだメインPCだが、冬だったという事もありCPUクーラーは後回しになっていた。
とりあえず純正のクーラーを付けていたのだが、フラクタルのちょっと高級なケースのおかげで風通しもよく、防音仕様のおかげで純正でも全く気にならなかったので今まで放置していたのだが急に思い立って、やり残していたクーラーの載せ替えをやってみた。

買ってみたのはこちらのクーラー

Cooler Master Hyper 212 EVO サイドフローCPUクーラー
RR-212E-20PK-J1 4000円ぐらいかな。

低価格で評判も良い虎徹 Mark IIを付けようか思っていたのだが、
急だったのでamazonではなく田舎の唯一の実店舗に足を運び手に入れたわけだが、
予想外に虎徹 Mark II の値段が高く、ネット価格を知っていたので購入が躊躇われた。
ちょうどCooler Master Hyper 212 EVOがネット価格に近い値段で出ていたのでこれに決定。^^
同じサイドフローの120mmで評判もそこそこいいみたいだし。


120mmファンなので静寂性は期待できそう。

グリスはこちらを使用。
2年ほど前から未開封で眠っていたやつを引っ張り出してきました。

アイネックス ナノダイヤモンドグリス JP-DX1


熱伝導率 : 16W/m・K ってことです。
熱伝導性能の高い炭素結晶(ダイヤモンド)ってことらしいですが、
ダイヤである必要性は今一つピンときませんが、でもまぁ使いやすかったですよ。


はい!載せました。
ファンを後から取り付けるのですが、その際にファンとメモリが干渉しそうだったのですが、1mmほど上にずらしてフィンに取り付ける問題解決。
排気は直接リアファンにぶち当たるので排気効率はかなりよさそうですね。
取り付け前後の比較は忘れてやってないんですが、クーラーを交換してからPC背面からの排熱がすごいので多分効率よく動いてるんでしょう。^^;

シェアする

フォローする