骨伝導ヘッドセットを買ってみた。 LF-V9

骨伝導タイプのヘッドフォンの相場は結構高いのだが、買ったのはもちろん一番安い部類のものだ。
評判もあまり良いとは言えないがまぁ使えるのかなって感じのもの。

音楽用のイヤフォンには有線タイプのお気に入りがあるので必要ないのだが、PCで動画などの見るときに使用していたBluetoothのイヤフォンが買い替え時で何か良い物はないかと探していた時にこれを見つけてしまった。^^;
骨伝導方式自体は電話機などで使ったことがあり、あまり扱いやすいものではないことは知っていたのだが、耳が解放されるので周りの音が聞き取れるというメリットに惹かれたのだ。
一人暮らしなら問題はないのだが、家族がいるといろいろと周囲の音が聞こえた方が都合が良いのだ。家庭円満のためにも…


箱の中身はこんな感じ。
本体と滑り止め?のゴムバンド、充電用のUSBケーブルだ。
充電器は付属していない。


後頭部にくる大きめの本体部には充電用のコネクタとスライドスイッチ、+-ボタンなどが配置されている。
コネクタにはゴムキャップが付いているが出来は良くない。
一度抜いたら戻すのは難しい。^^;
よって防水性は全く期待できないので室内用となります。

装着しての効果が今一つ理解できないゴムバンド。
長さの調整ができるようになっています。
多分頭の大きさに合わせて調整するのでしょうが、
耳に引っ掛けるように装着するので本体はたれ下がるわけですが、その状態でゴムの長さを調整してどこがいい感じになるのかちょっとわかりません。^^;

耳に引っかかる部分ですが、一応軟質樹脂ですが基本固いです。
爪で押せば少しへこむ程度なので耳にあたる部分がフィットするなどの効果は期待できません。
また形状が角ばっているので長時間使用すると耳が痛くなる可能性大です。
(基本の装着状態としてはスピーカー部分で頭を挟むので全荷重が耳にかかる訳ではありません。しかし本体の重みで垂れ下がってくるので結果的に耳に当たります。)

と言わけで本体そのものの出来はかなりお粗末ですが、ヘッドフォンとしての性能はというとまぁ使えます。
まるむしが知っている骨伝導スピーカーよりは遥かに良い音だったので個人的にはかなり満足のいく音質です。
音質のバランスもクセは無く、ポップスなんかは聞きやすいんじゃないかと思います。
ただし大きな音(特に低音)を聞くと振動子が大きく震えるので耳のあたりがブルブル震えて気持ち悪いやら、くすぐったいやらとちょっと困った状態になりますからあまり大きな音で聞くものではありません。
でもそれが我慢できるなら大音量で聞いていても周りの音もちゃんと聞こえるのでいいかもですね。

まるむしが音楽を聴くときは重低音ブース気味にイコライズするので、このヘッドフォンとの相性は最悪です。ブルブルして聞けたものではありません。
もっぱら動画などを見るときに使っています。

ちなみに骨伝導といっても、ある程度の音量で鳴らすと音漏れ程度の音量ですが周囲にも音が聞こえますよ。

あとこれは一応ヘッドセットということで通話機能などもありますが、
まるむしは使用しないので未評価です。すみません。

シェアする

フォローする