東芝の冷蔵庫がエラーコード(H80)を表示しているので修理してみた TOSHIBA GR-373K


まるむし嫁が冷蔵庫が壊れた!と騒いでいる。
見に行くと通常はアイキャッチ写真のような緑の表示なのだが、今日は黄色い表示色になっている。
確かにいつもとは違うようだ。(写真撮り忘れた^^;)
表示を見ると温度のところで「Hと80」の文字が読み取れた。エラーコードの様だ。

東芝 冷蔵庫 エラーコード H80

をキーに調べてみるとどうやら製氷皿のモーター異常らしい。
まぁこの状態でも本体は冷えているので緊急性は低いようだ。
慌てる必要はないので気楽に修理してみよう。


とりあえず状況把握ということで氷用の引き出しを抜いて下からのぞき込んでみた。
見るのは初めてだが、トレーが傾いた状態で止まっているのは明らかにおかしい。
氷が完成しているので落とすのに失敗した感じだなぁ。
構造を見るとねじる様にして氷を落とすようだ。
氷がやたらでかい感じがするのでモーターの故障ではなく、大きすぎる氷を作ってしまったのが原因かもね。
とりあえず氷を取り除いてみよう。


作業前に冷蔵庫のコンセントを抜いて、ドライヤーで氷を解かします。
奥で冷凍室とつながっているので水が落ちないようにということと、なるべく冷凍室に熱気が入らないようにということでタオルを引いて作業をします。


とれました。
ちなみに手前のカバーは簡単に外せました。
外したことに大した意味はありません。^^;


通電してみるとエラーが消えて以前の状態に戻りました。

どうやら氷が引っ掛かっていただけの様です。
この程度で治ることもあるので、機械音痴だからと最初からあきらめたりせず、ダメもとでとりあえず自分でやってみてもいいかもですよ。

スポンサーリンク
300-250

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
300-250