まるむしアンテナ

自作に改造、修理、メンテナンス...とりあえずなんでも自分でやってみよう!

By

100均 アクリルパウダーを買ってみた。 プラリペアの代用品としてどうなのか?

100均 アクリルパウダーを買ってみた。
以前から存在は知っていたがなかなか入手できなかったアクリルパウダーを入手した。

ミッツっという100均系のお店で入手できるのは知っていたのだが、近くのお店には置いておらずあきらめていたが、最近新しくできたミッツに行ってみると置いていたのでとりあえずまとめ買いしておいた。^^

 

プラ系の補修材として優秀なプラリペアというものがあり、
これがなかなか優秀なのだが結構コストのかかる補修材なのだ。

そこでまぁコストダウンの方法として、この手のアクリルパウダーなどが候補に上がるというわけだ。


早速使ってみた感想なのだが、
んんんなんというか、やっぱり純正のプラリペアは使いやすいですな。
ピックアップしたときの玉のでき方とか、溶け込みの速度や揮発して固まる速度や、
うまくバランスが取れているというか、うまく言えないがよくできているという感じです。

代用品では、代用はできるが妥協が必要な感じかな。
仕上がりも違ってきますね。

ちなみに溶液の方も、ジクロロメタンと専用の溶液を使い比べましたが、
成分がちょっと違うんですね。溶け方が違うので流し込み作業がやり辛かったです。
(ちなみにお気に入りのアクリサンデーもコスト高なので、普段は溶着にジクロロメタンを使ってますよ。)

流し込みがうまくいかないのは、パウダーの形状にあるのではないかと思いちょっと観察してみました。


純正パウダー。 比較的粒がそろっています。

100均パウダー。 球形にはなっているが細かい粒が目立つ、
純正パウダーにはなかった細かなカスも目立つ。
この辺がピックアップするときに綺麗な玉にならない理由かもね。

ってことなので、失敗できない細かなリペアには純正は欠かせない感じで、
大雑把なリペアなどには100均のパウダーをと使い分けていこうかと思います。

 

By まるむし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。