Arduino バッテリー使いすぎ防止リレー回路を作ってみた ソーラー充電バッテリー用

Arduino バッテリー使いすぎ防止リレー回路を作ってみた ソーラー充電バッテリー用

ソーラーパネルでカーバッテリーを充電しているのだが、
充電した電気を使おうと思うと過放電が心配でなかなか放置状態で使うことができずいまいち活用できていない。

電圧低下を感知する回路があればと思うが、アナログ回路はあまり得意ではないのでArduinoで組んでみた。


思い付きで組んだので、まだこんな状態です。^^;

アナログ入力に13.8Vぶち込むのは問題ありなので、抵抗で分圧して出力電圧をモニターしてます。
電圧が設定電圧以下になったららリレーを切ってバッテリーからの電供給を遮断。
1時間充電に専念してもらって設定電圧以上に戻っていたらリレーを復帰。
って感じで組んでみました。

仮組なのでUNOを使っていますが、nanoかminiで再構築の予定です。

シェアする

フォローする