AXIS90 穴の開いたマスターシリンダ―を交換 | まるむしアンテナ

AXIS90 穴の開いたマスターシリンダ―を交換

AXIS90 穴の開いたマスターシリンダ―を交換

p1080025_r
仕事の関係で最近めっきりスクーターに乗る機会が減ってしまったのですが、
久しぶりに乗ろうとするとブレーキのリザーブタンクののぞき穴に穴が開いているのを発見してしまった。(( ;゜Д゜)) ヤッベー

ボロイにもほどがありますね。風化です。

さすがにフロントブレーキが利かないのはまずいので、以前JOGの修理で購入したお店で、激安中華パーツを取り寄せました。


アクシス系 ジョグ90 Jog-Z フロントブレーキマスターシリンダー レバー ブレーキスイッチ 補修用端子 キット

p1080062_r
届きました。
端子キットも付属していますが必要ありません。そのままでOK。

p1080063_r
ミラー取り付け用の出っ張りがあり、このままではカバーが装着できませんが、この部分は取り外しが可能です。

p1080064_r
取れました。

p1080065_r
ハンドルへの固定金具し使用されているボルトの頭が6角なのですが、このままではカバーを装着した状態で回せないので古いものを流用することにします。
(まぁ通常は触らないのでそのままでも支障はないと思いますが)

p1080066_r
装着。^^

p1080067_rp1080068_r
蓋と内部の様子です。
JOG用に買ったものの方が綺麗だった気がします。

p1080069_r
蓋のネジも以前交換したステンレス製のものに戻すことにします。

p1080080_r
完成。
ちなみにタンクの黒い塗装は、フルード液に対して耐性がありませんでした。
フルード液がちょっと付着してしまっていたようで、その部分の塗装が後日ふにゃふにゃになっていました。^^;
中に入れる液体に対して耐性が無い塗料を使っているってどうなんでしょうかねぇ。
まぁこれが中華クオリティというやつですね。

ちなみに動作は良好です。

シェアする

フォローする