電源が入らなくなったデジタル精密計量秤をオーバーホールしてみた

電源が入らなくなったデジタル精密計量秤をオーバーホールしてみた。

P1070358_R

ずいぶんと昔に頼まれて購入してあげたデジタルスケール。
中国製でどこまで精密に測れるのか疑問だが、一応ここまで壊れずに使えていたようだ。
ところがとうとう電源が入らなくなったらしいので、修理できるか分解してみる事になった。
P1070352_R
かなり汚れていますね。
粉末の農薬を計量するのに使っているようです。(農薬臭い^^;)
電源ボタンを押しますが、確か表示が出ません。
電池切れでは?ということで電池を交換するがダメです。
表示の内部にまで農薬の粉が入っているので、接触不良かもしれませんね。

ってことで予定通り分解してみます。

P1070353_R
ゴム足を取るとネジ穴を発見。

P1070354_R
上はむき出しのねじ穴。
4本ネジを取りますがカバーが外れません。
どうやら表からもねじ止めされているようです。

P1070355_R
それっぽいところがないので、皿をひっぺがします。
P1070356_R
4隅にそれっぽいねじ穴発見。

P1070357_R
開きました。 見事に粉まみれ^^;

P1070359_R
特に致命的な問題があるようには見えません。
とりあえず粉まみれのケース、基板を丸洗いします。
(文字通り水でジャバジャバ洗いました。センサー部はどうなっているか判らなかったので水洗いなしです)

よく乾燥させた後、スイッチ部に接点復活剤をぶち込んで組み戻します。

P1070360_R
復活しました。^^
ん?皿に何か落書きしてありますね。
表示をよくみると0.611gになっています。
はさみが1g未満なんてありえませんよね。
そうなんです。表示の単位がおかしいです。
でもそれは故障じゃなくて新品の時からの様です。
落書きをもとに読み替えると、どうやら61.1gの様です。^^
ほんといい加減ですね。中国製は。

シェアする

フォローする