(*゚▽゚)/・:*【祝】まるむし式ネイチャーストーブが「ドゥーパ!」に掲載されました。^^ 

(*゚▽゚)/・:*【祝】まるむし式ネイチャーストーブが「ドゥーパ!」に掲載されました。^^

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
これですね。
まるむし式ネイチャーストーブといえば5年ほど前に作ったストーブなのですが、
先月、ドゥーパ!さんの取材を受けまして今月号に掲載されることになっていました。

P1040818_R
さきほど今月発売のドゥーパ!の見本誌が届きました。^^
中身をここに載せるのは何かと問題あるかと思うので

写真は表紙だけですが、
「スペシャル企画 自作アウトドアギア図鑑」にまるむし式ネイチャーストーブが載っております。

ブログの過去ログはこちら(自作ネイチャーストーブのカテゴリからでもOK)
↓↓↓

夏場はアルコールストーブなんかを愛用しているわけだが、 冬となれば暖を取ることも考えてはやりネイチャーストーブ系が欲しく...

この記事を書いたついでAMAZONでネーチャーストーブを検索したらこんなものが。(@o@;;

5年前には無かったと思うのだが…
基本構造やパネルの継ぎ手など「まるむし式ネイチャーストーブ」とまったく同じですね。^^;
インスパイア(パクられた)されたのかな?

これらの商品はステンレス製で板の強度があるので、底面の網部分をパンチングプレートにして差し込むことにより、まるむし式ネイチャーストーブのクロスプレートが不要になっていますね。
サイドに大きく開口部をとって薪の投入が容易になっていますが、これでは煙突効果が得られませんね。燃焼が弱いはずです。単なる風よけ付焚火台ということでしょう。

「まるむし式ネイチャーストーブ」は万能ばさみがあれば、簡単に作れるので是非自作してくださいね。
えーと設計図ですね。PDF化してみました。

まるむし式ネイチャーストーブ壱号設計図(PDF

A3実寸で書いてあるので、A4用紙2枚に分割印刷すれば、実寸大の型紙が取れます。
ちょっと小さくなるようなら縁なし印刷にすると実寸になるかも。
P1040196_R
こんな感じで。
ドゥーパ!にも設計図が載っていますが、こちらの方が詳しく書いてありますので、
縮尺を変えて自分用のサイズで型を起こすのにも便利ですよ。^^

少し改善したい所があるのでそのうち弐号機も載せたいと思いますが、とりあえずは壱号のみで。
弐号機ができたらどこかのアウトドアメーカーさんが製品化してくれるかな?^^

<追記>
お隣のページで紹介されていたロケットストーブの方のブログを発見したのでリンクしておきますね。
興味の対象がかぶりまくっててなかなか興味深いです。 ぜひご訪問ください。^^
自作☆改造☆修理の館