スーパーJOGZ 点灯しなくなったウインカーの修理方法

先日交換修理したその後のことだ。
テスト走行に出たのは良かったが、すぐにウインカーが点灯しないことに気が付いたのだ。
しょうがないので引き返し、状況を詳細にチェックしてみると…
P1040096_R P1040097_R

フロントウィンカーは点灯すらしない。
リアウィンカーは点灯しているが点滅しない。
という状態だ。

なんだか妙な壊れ方だな。
今回は意味が解らなかったので、ググって調べてみると
どうやらYAMAHA系のスクーターに多い症状らしいことがバイク屋さんのブログに書かれていた。
原因は接触不良らしい。
こんなこと知らないと高い修理代を払う羽目になるかもしれないところでした。

たしかに思い当るところが在りますね。
そう、ブレーキキャリパーとマスターシリンダを交換する際に、
フロント周りをばらしています。

P1040098_R
JOGは、フロントカバーを外すとき、必ずウインカーを外すところから作業が始まるので、
必ず触ります。
その時に接触不良を起こしたのでしょう。

そうと判れば修理は簡単です。

P1040099_R
抜きました。

P1040100_R
ソケットです。

P1040101_R
球です。

ここが接触不良を起こしてるんですね。
綺麗にしましょう。
まるむしは念のため接点復活剤できれいにしました。
持っていなければわざわざ購入するほどの症状でもないでしょう。
手でグリグリするだけでも十分かと思います。

P1040102_R
てすとぉ。 お!ふっかーつ!
ありがとうバイク屋さん!(どこのサイトか忘れた)

ちなみにブレーキキャリパー&マスタシリンダは異常なしでした。
これで完全復活ということで、JOGZは無事貰われていきました。^^

シェアする

フォローする