スーパーJOGZ マスターシリンダとブレーキキャリパーを激安交換 | まるむしアンテナ

スーパーJOGZ マスターシリンダとブレーキキャリパーを激安交換

スーパーJOGZ マスターシリンダとブレーキキャリパーを激安交換

スーパーJOGZが貰われていくことになりました。
一通り修理し復活していたスーパーJOGZですが、乗り手不在のため野ざらし放置状態だったため
久しぶりに見るとこんな状態になっていた。^^;

P1040078_R
なんとのぞき窓が裂けて大きな亀裂がパックリ^^;
もちろん中身もかっらぽになっていました。
いやー実はひびが入っていたのは気が付いていたのですが、
ここまでひどい状態になるとは…

引き取り手は修理技術が一切ないので、修理後に渡さなければなりません。
さすがにこの状態では渡せないので、今回はこのマスターシリンダと以前より固着が酷かったブレーキキャリパを新品に交換してから引き渡すことになりました。

とはいえ純正パーツは高すぎるということで、いつものように怪しげなパーツを投入することになります。
まぁ怪しいといっても現状よりははるかにマシなはずです。


ジョグ系 フロントブレーキマスターシリンダー レバー ブレーキスイッチ 補修用端子 キット


ジョグ 対向2ポット キャリパー セット 純正YAMAHAブレンボ互換品

amazonからこれらを注文。 なんと2~3千円で買えてしまう。 安すぎてコワイ^^;

とか思い悩んでも結局は激安品をまるむしは買うのですから次に行きましょう。

P1040070_R
はい。届きました。^^
意外とちゃんとしてる? とても綺麗です。
今度AXIS90のも交換しようかな…

P1040071_R P1040072_R P1040073_R
うん、見た目は良いですよね? ちゃんと作ってある気がします。

P1040074_R
はい。もう一つの注文品です。
結構削りが荒い感じがしますね。

P1040075_R P1040076_R
こんな感じです。
ちょっと金型がへたって来てるのかな?

まぁとにかく取り付けましょう。

P1040077_R
現状、ブレンボの純正キャリパです。
ガッツリ挟んでタイヤが回りません。^^;

P1040081_R
マスターシリンダー一式を交換するため、ハンドル周りをばらします。

P1040082_R
交換しました。 ただの交換なので何も難しくないですね。

P1040092_R
タンク内部はこんな感じ。 綺麗です。

P1040093_R
キャップの裏側です。

ホースとシリンダを繋ぐボルトは中が空洞(ブレーキフルードが流れる)なのですが、
パッキンが純正とちょっと違うことに気が付きました。

P1040084_R
こちらは純正品です。 銅製のワッシャーですね。 よく見ます。

P1040091_R
こちらが今回購入したものに付属していたワッシャーです。
内円部分が黒いですね。 これゴム?です。
これなら少々造りが荒くても漏れませんが、最近はこんなのですか?
それともコストダウンでこんなものになってるの?
新車を触ることがないので判りません。^^;

さて続きです。

ブレーキレバーのコネクターですね。

P1040083_R
向かって左が純正品。右が購入品です。
このままではつながらないので樹脂製のコネクターをカットして、ギボシに交換します。

P1040085_R
親切なことにちゃんと付属していました。

P1040086_R
付け替えました。
これでOKですね。

P1040094_R
装着完了!

次はブレーキキャリパです。

P1040087_R
よく似てますね。(当たり前か)

P1040088_R P1040089_R P1040090_R

問題なさそうだな。 ん?

P1040090_R_032015_102657_PM
なんだかこの部分の厚みが違うよな…..
そういえばコメントにワッシャーか何かを挟めば問題ないとかあるとかいうのを見たような気が…..
とりあえず見なかったことにして進めちゃお^^;;;;;;

P1040095_R
こちらもただの交換なので難しくないですね。
問題なく?ついたようです。
特にどこかが擦れているとかいうこともないようです。(ほんとうかな?ちょっと心配)

あとはブレーキフルードを入れて、指先でレバーを小刻みに握ってエアーを抜けば完了です。
何度かやっているのでコツはマスターしています。 握力は必要ありません。
5~10分ぐらいですかね。

※やり方の詳しい説明は過去の記事見てください。

もっと予想外のことに手こずるかと思ったのですが、1時間ほどで終わりました。
後は試運転して正常に機能するか確認すれば完了です。
それはまた次回にでも。

シェアする

フォローする