定番消しゴム 消し比べ 予想に反し100均消しゴム(4個入り)が大健闘だった

定番消しゴム 消し比べ 予想に反し100均消しゴム(4個入り)が大健闘だった。

実は3個ほど買っただけなので、タイトルはちょっと大げさだ。^^;
子供が使っている消しゴムでは汚れが残ってしまうのを発見したので気になったのだ。
(こういう場合、大抵は消しゴム自体も汚れているよね)
いつも何気にMONOの消しゴムを使っていたが実のところMONOの消しゴムって良いのだろうか?
(まるむし嫁は、OMNIシリーズを使っていたようだ。これも評判良いみたいだね)

ってことで、こまるむし愛用の2Bの鉛筆をターゲットに消しゴムを選んでみた。

P1040126_R
PILOT FOAM ERASER
Campus 小学生消しゴム 2B
ダイソー PLASTIC ERASER (4個100円)
SEED RADAR
MONO PLASTIC ERASER

最後のMONOは使用年数が長く、品質も変化している可能性があるので比較評価から外すが、
長年使って覚えている感触から判断すればとりあえず1番ではなさそうだ。

3番目のダイソー消しゴムは、今回購入したものではないがちょうど1つ新品が残っていたので、
急きょ比較してみることにした。(飛び入り参加だな^^)

P1040130_R
テストに使ったのは、コピー用紙、Hi-uni 2B の鉛筆

結論から言うと、写真順の評価だ。
擦りかすは、多少の違いはあるがどれもよくまとまるようだ。
最終的な消え具合はどれも良好なのだが、硬さの違いが大きく、消すときの感触にかなりの違いがあった。

Raderはどうやら柔らかすぎるようだ。 ぐにゃぐにゃしてなかなか消えないという感じ。
消えないという訳では無く、擦っているつもりが意外と擦れていないのだろう。

小学生用消しゴムは、2B用にチューンしているだけあってよく消えるように思う。
この中では中ぐらいの硬さだ。

予想に反し、よく消えて、消すときの感触も悪くないのが100均の消しゴムだ。
4個100円というコストパフォーマンスも加味すればダントツの一位だな。

最後にFORM ERASERだが、この中では一番固い(カチカチという意味ではないよ)
程よい硬さでグニャグニャせず、擦った分だけ消えるという感じだ。
もちろんよく消えるので気持ちが良い。

ちなみに、こまるむしにも評価させたのだが、FROM EARASERがダントツでいいそうだ。
毎日使う道具だけあって微妙な使い心地も評価できる域に達したのだろうか。

意見が割れたのは、2位、3位で、高得点を付けていた小学生消しゴムが、
こまるむしに使わせてみると100均の消しゴム以下に転落してしまった。
意外だったので理由を聞いてみると、よく消えるが消えるまでに時間がかかるそうだ。
どうやら硬さが影響しているようだ。
こまるむしの意見を合わせて考えると、
同じぐらいよく消える消しゴムあったなら、早く消える(硬いもの)が最良だ。
ということで意見がまとまった。^^
たしかにRaderもよく消えるのだが、せっかちな子供には柔らかすぎるのかな。

わかっているとは思うが念のため言っておくと、
個人の感想であり、更には鉛筆の濃さや紙の種類によって評価が変わってくる可能性は大である。
字なのか、絵なのか、図面なのかによっても違うはずだ。

とはいえ、今回のテストでは大人も子供もダントツ高評価の PILOT FROM ERASER が優勝です!
おめでとう!PILOT!

そして ダイソー PLASTIC ERASER(4個入り) にはコストパフォーマンス賞を! ^^;


違いのわかる大人は、さりげなくステッドラーとかなのか?

シェアする

フォローする