片手で大画面 6インチ スマホ ASUS Fonepad Note 6 ME560 を買ってみた | まるむしアンテナ

片手で大画面 6インチ スマホ ASUS Fonepad Note 6 ME560 を買ってみた

最近スマホレベルの小さな画面では文字が見づらくなってきた。(歳だ^^;)
スマホは必要ないので持っていないのだが、タブレットでは移動しながら使うのに若干の不便を感じる(Nexus7は微妙に大きい)
そこで片手で扱えるであろう最大画面はと考えるとやはり6インチだろう。
6インチでミニタブレットとして使えるSIMフリーの端末はと探してみた結果

ASUS Fonepad Note 6 ME560 に決定!
(スマホとタブレット どっちもつかずのサイズでファブレットとか言うらしい)
値段を調べると大体3万円前後だ。
購入時は3万を超えていたが、今は更に5千円以上下がっている。OTL

※ここ最近は、スマホも大画面化して、5.5インチや6インチが出てきているが、
やはり高い! おもちゃに出せる値段ではないのだ。
(3万でも十分高いのだが、安い中華製ではストレスが溜まることは目に見えているので見送り)

この機種には、標準のブラックと限定色?のホワイトがある。
いつも黒い端末ばかりだったので、たまには白でも買ってみるかと思っていたところ、
世間では白は人気が無いようで、価格差が結構ついていた。
これはラッキーだ。悩む必要がないね^^

決まりである。ポチッ!

P1030271_R
届きました!

P1030272_R
見栄えよく入れられてますね。

P1030273_R
同梱品たちです。
セットの中には、FMラジオ用のヘッドフォンもあるようです(取説より)が、
amazonのマーケットプレイスで購入したこちらには同梱されていないセットでした。

P1030275_R
起動

P1030276_R

P1030277_R

P1030278_R

P1030279_R

P1030280_R
なんてことはない、セットアップの様子です。解説はしません。^^;

P1030282_R
電源と、ボリュームです。

P1030283_R
ヘッドフォン端子ですね。カメラはアウトカムとインカムがあります。
Nexus7はインカムだけで、まるむししは使い道がありませんでした。
アウトカムがあれば、撮影はもちろんバーコードやQRコードなどが読み取れて便利だっただろうに…

P1030284_R
microUSBですね。充電および通信に使われます。

P1030285_R
一般的な端末と違うのは、スタイラス(タッチペン)があることですね。
今までなかったものなのであまり使いませんが、あると便利です。
指先では難しい小さなリンクのタッチから、手書き入力なども可能で活用すればかなり便利になりそうです。(少なくともミスタッチのイライラはなくなります)

P1030286_R
microSIMとmicroSDのスロットです。

P1030287_R
今回、専用ケースも同時に注文しました。
片手で持つだろうからフィットしない汎用品は使いにくいだろうという判断からです。

P1030288_R
ピンボケ^^;

P1030289_R
ウレタン部分に本体が入るんだな。

P1030290_R
P1030291_R
綺麗にフィットします。
まるむし嫁は、カバーであることにしばらく気が付きませんでした。

P1030292_R
電源アダプタは、もっさり系じゃなくて、スッキリ系の小型のものです。

本体は綺麗にカバーに収まるので、カバーだけ汚れにくい黒にして、本体は安い白にするというのもありですね。

ちなみにCPUは、インテル Atom プロセッサー Z2580です。
決して今時の高速の部類ではありませが、初代のNexus7よりは速いようです。

使い込むと長所、短所が見えてきますが、価格も考慮しおおむね満足な買い物でした。^^