まるむしアンテナ

自作に改造、修理、メンテナンス...とりあえずなんでも自分でやってみよう!

By

100均 ノギスを買ってみた

100円ショップでノギスを買ってみた。
P1030226

物つくりに縁のない方には馴染みがないものですが、ノギスというはまぁ直線しか測れないものさしとは違って、太さや幅や深さなんかも測れる便利なものさしのようなものとでも考えてください。

P1030227
上側の爪がクロスしたところが0です。内径などを測ります。
下側の爪が閉じたところも0です。挟んで外径などを測ります。
右の出っ張りを穴に突っ込めば深さが測れます。

P1030238 P1030237

爪(本当はジョウというらしいですね)の閉じ具合はこんなな感じです。
思っていたよりちゃんと閉じていました。^^ ちゃんと0の位置を指しています。

P1030225

下はまるむしが普段使っている小ぶりのノギスです。

精度はどうなんでしょうか?
この2つを使って測ってみましょう。

測り方はこんな風に測りました。
P1030222
P1030223

P1030224
100均ノギスで100mm(10cm)は実際何mmなのか計測しました。
100.25mmぐらいですかね。 思っていたより優秀です。

ノギスの下側のメモリは、1mmの半端を読み取るための副尺目盛といわれるものです。
これを使って高精度の計測ができるわけですが、
100円ショップのノギスには、この副尺目盛が無いので、精度は1mmです。
もう一方のノギス(本物)の精度は0.05mmまで測れます。
ここが大きな違いですね。まぁこの造りで1mm以下の精度は望めないで副尺目盛が無いのは正しいですね。

P1030228

P1030230
深さの精度もまともなものでした。

というわけで、精度はものさしレベルと理解したうえで使用すれば結構使える品だということがわかりました。
これは買いですね。

1点ちょっとした難があって、ゲージをスライドさせて計測物を挟むのですが引っ掛かりがあります。

P1030233
裏を見るとこのような丸い穴にバリが少し残っていて、これが引っ掛かりの原因です。
この部分のバリを少しカッターで削るなり、紙やすりをかけるなりすれば問題は簡単に解決します。

By まるむし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。