ニンテンドー3DS ついでに反応の悪いRボタンもメンテナンス修理してみた | まるむしアンテナ

ニンテンドー3DS ついでに反応の悪いRボタンもメンテナンス修理してみた

前回充電コネクタ、Lボタンと修理してきましたが、ついでなので反応の悪い(反応が渋い)Rボタンも修理しましょう。
今回も裏蓋を開けるところまでは、過去の記事を見てください。


P1030107
開いたところからです。

P1030144 P1030148 P1030146 
バッテリーが入る部分のカバーを取ります。 ねじは4本ですね。

P1030149  P1030150
簡単に取れます。 こんな感じ。

P1030151 P1030153
取り外した方ですね。 こちらも簡単に分離できます。というか固定されているわけではありません。

P1030156
Lボタンの時と同様の作業ですが、今回は写真付きです。^^;
スイッチ全面の金属部品がハンダで固定されているので、吸い取り線などでハンダを除去します。

P1030158
除去できたら金属金具は爪で止まっているだけになるので、ナイフなどで浮かせて外してしまいます。

P1030159
金具を外すと中からスイッチ部品が出てきます。
こちらもやはり金属板に曇りがあります。
磨いて綺麗にすればOKですね。

P1030137  P1030138
もちろんこちらもこれで磨きました。
超精密用の研磨フィルムです。 番手は#10000 かなり細かいです。
超鏡面仕上げ用の細かさですが、部品が小さいのでこれでも荒く感じます。
ガラス用の研磨剤の方がよかったかなぁ

P1030160
シュコシュコと数回磨けば完了です。
磨き終わったら、念のため接点復活剤で拭いて完了。

P1030168
金具の両サイドを元通りハンダつけして完了。
あとは組み戻して…

P1030169
こちらはちょっと戻しにくいですね。
部品を入れてから…

P1030170
黒いの入れて….

P1030171
カバーを入れて、ねじ止めして完了。