wineを使ってLinux(Ubuntu 64bit)にOffice2000を入れる OLEAUTO32.DLLエラーの回避方法

低スペックPC向けにXpからの乗り換えよう軽量Linuxディストリビューションを選定中なのだが、
その前に、比較的ハイスペックなPCには、Ubuntu14.04 LTS (64bit)を導入している。

そのマシンに Microsoft の Office2000 を入れてみた。

代替OfficeとしてLibreOfficeなども使うのだが、
マクロが動かない問題は回避できないため、そうしてもOffice2000が必要なのだ。

Windows系ソフトをLinux上で動かすためのソフトの代表にwineと言うものがあるのだが、
これを使ってインストールしてみた。
インストール方法は基本的に簡単で、SETUP.EXEなどインストーラを起動すればそれでよい。
後の問題はwineがやってくれるのだ。

ところが、Office2000のsetup.exeを実行するとエラーが発生した。

Screenshot from 2014-04-29 14:50:13

「互換性のないバージョンのOLEAUTO32.DLLが検出されました。」
ってことだ。どうやらWINEが用意したDLLが気に入らないようだ。

この手の問題は、オリジナルのDLLに差し替えれば解決する場合が多い。
Office2000のマスターディスク内にも存在するが、
まるむしは、以前Office2000を導入していたWIndowsXp機があるのでそちらから持ってきた。

場所は、c:\windows\system32\oleauto32.dll

これを /home/marumusi/.wine/dosdevices/c:/windows/system32
(marumusiの部分はユーザー名ね)
に上書きコピーをすれば大丈夫なはずだ。

ところが相変わらずエラーがでる。

フォルダーを見るとWindowsXp(32bit)では見慣れないフォルダーを発見。

/home/marumusi/.wine/dosdevices/c:/windows/syswow64
(marumusiの部分はユーザー名ね)

中身はsystem32と似た構成。

おお、考えてみればsystem32は32bitようのフォルダ。
今は64bit環境だからこちらなのか?
勝手に納得してこちらにコピー^^

Screenshot from 2014-04-29 14:51:03

んで、改めてSETUP.EXEを実行すると、無事セットアップが実行されました。

ってことで、

/home/marumusi/.wine/dosdevices/c:/windows/syswow64
(marumusiの部分はユーザー名ね)

こちらにネイティブなoleauto32.dllをコピー(上書き)すればOKです。^^

補足:マクロ…動きませんでした(T^T)

シェアする

フォローする