ローラースケートのベアリング メンテナンス(超音波洗浄) | まるむしアンテナ

ローラースケートのベアリング メンテナンス(超音波洗浄)

ローラースケートのベアリングのメンテナンス(超音波洗浄)やりました。
インラインスケートの場合も同じですね。

今回は子どものトイスケートと言われる、ものすごーく滑りの悪いものです。
ただでさえ滑りが悪いのに汚れが溜まってじゃりじゃりいってます。^^;

P1020867_R
まずはボックスレンチでローラーを外します。

P1020868_RP1020869_R
専用のものなんかもあるそうですが、ドライバーとかなんでもいいですね。
突っ込んで少しひねってやると少しずつ抜けてきます。

P1020871_R
こんな感じに1つのローラーに2個のベアリングが入っています。

P1020872_R
全部取れました。 計16個ですね。

これを洗浄するのですが、いきなり繊細な超音波洗浄器に掛けてもきりが無い(水交換が)ので、
あらかたの汚れを灯油で洗浄します。(グリスと汚れを洗い流すんですね)

ペットボトルの口は小さすぎて入らないので、まるむし宅にはちょうどモンダミンの空容器があったのでこれに放り込みました。
後は適量の灯油を入れてシャカシャカ振るとほとんどの汚れが取れます。
灯油がなければ、パーツクリーナーやホワイトガソリンなんかでも良いですね。
灯油を使うのは単にコストが安いからです。

ここまででもかなり綺麗になっていると思いますが、
更に超音波洗浄器に掛けてみましょう。
P1020876_R
グリスと汚れがどんどん出てきて真っ白になってますね。^^

P1020877_R
水を替えて3回目ですが、まだスジ状に汚れが流れ出てくるのが見えます。
※水といってもただの水じゃないですよ。
超音波洗浄器に入れる水には、表面活性剤入りの洗剤(ようするに食器用洗剤です)を数滴入れます。
洗剤に表面活性剤が入っているかは、洗剤の容器の裏に書いています。

P1020880_R
はい、綺麗になりました。^^
手で回すとコロコロ回ります。
仕上にスプレーグリスを隙間から適量流し込み、元通り組み戻せば完了ですね。

P1020881_R
余談ですが、使用されていたベアリングは、ABECではなく、608ZBという型番のベアリングでした。
ZZは、両面鋼板シールドらしいですが、このZBも両面鋼板でした。

シェアする

フォローする