組立超簡単 Coleman(コールマン) インスタントシェード/300 レビュー 商品が届いたので早速設営してみました | まるむしアンテナ

組立超簡単 Coleman(コールマン) インスタントシェード/300 レビュー 商品が届いたので早速設営してみました

先日注文したColeman(コールマン) インスタントシェード/300 (日よけテントですね^^)が早々に届きました。
折角休日に届いたのだからと、川原に設置テストを兼ねてコーヒーでも飲みに行くことに。^^

早速組み立ててみましょう。
P1020911_R
簡単そうなので取説を読むのもほどほどにスタートです。

P1020912_R
ケースから出して拡げると自然とこんな感じになりました。
骨組みとシートが一体になっているからですね。
(石ごろごろの河原です。^^;;)

P1020914_R
脚をぱたんと伸ばします。
ロックするような構造は無いので伸ばすだけです。

P1020913_R
スタンディングテープのロックを一旦外します。
取説をちゃんと読まなかったので4辺全部外してしまいましたが、
外すのは長辺のみでよかったようです。

P1020915_R
足の伸ばして屋根の部分を持ち上げると、シートで突っ張るような感じになり自然とこんな風に屋根の形になります。
反対側も同様に形を作ります。
P1020917_R
最後に足を伸ばします。ロックがカッチとはまるまで伸ばします。

※完全に伸ばすことによりシートがピンと張ることになるのでちょっと力が要りました。
まぁしかし数回使用すれば少しは伸びてくるのでその後は簡単に伸ばせるようになるでしょうね。

P1020916_R
足を全部伸ばし、最初に外したスタンディングテープを留めたら完成です。^O^/
なんて簡単なんだ!
全て一体なのがまたすばらしい。組立というよりは広げるだけといった感じだな。
一体でないものと言えば、風に飛ばされないように固定するためのペグだけなのだ。
カラーボックスすら組み立てられない工作音痴なひとでも迷わず完成させられることだろう。

ここまで写真を撮りながら初めての設営で10分程度だろうか。
恐ろしく簡単である。

P1020918_R
シートは全てこのような可動式のフックになっており、骨組みが組みあがるにつれてスライドし、自然と形が整うようになっている。

P1020919_R
テント内の隅にはこのような丸カンがついている。
風除けのシートを取り付けるためのものだ。

P1020922_R
ここで一服です。^^
今日は簡単な設営テストなので軽装備です。
シェラカップとアルコール系固形燃料(宴会の時一人鍋の燃料になってるやつね)でお湯を沸かしてコーヒーを入れました。
この燃料1個で今の季節なら2杯分のお湯が作れます。(風があるとちょっと厳しいかな)

撤収は組立より更に簡単でした。

P1020920_R

この状態まで5分も掛かりません。
後はくるくるっと巻いて紐で縛ってケースに入れるだけです。

P1020921_R
はい! 撤収準備完了!
真夏の川遊びで夕立の気配を感じると、まるむし一家は猛ダッシュで撤収(濡れると片付けが大変だから)するのですが、これなら申し分有りません。

結構ネット上には、まだまだ情報が少ないので、説明書も載せておきますね。
P1020907 P1020908 P1020909 P1020910

シェアする

フォローする

『組立超簡単 Coleman(コールマン) インスタントシェード/300 レビュー 商品が届いたので早速設営してみました』へのコメント

  1. 名前:まるむし 投稿日:2014/03/23(日) 20:08:13 ID:114950f2f 返信

    補足情報です。
    結構大きなものですが、軽自動車には積めるのか?

    シェードの収納時サイズは、箱に123cmと書かれています。
    スズキのスペーシアにこれを積んでみたところ、後部座席の足元にぴったり(ぎりぎり)積めました。(4人乗れてさほど邪魔にもなりません)
    車の諸元表には、車内空間幅132cmと書かれており、余裕で積めそうですがスライドドアの足元部分はもう少し狭いのでこのような収まり具合になります。
    なお荷台スペースはもっと狭いので横向きにベタ置きは出来ません。斜めに入れるか、シートを1つ倒すことになります。