プログラムなしでGoogleMapを好きな吹き出し文字で埋め込む方法(Google APIを使わずに地図と文字を表示する方法)

プログラムなしでGoogleMapを埋め込む方法(Google APIを使わずに地図を表示する方法)
Googleが提供するAPIを利用すれば実に多彩な地図表現が可能なのだが、
ちょっと表示したいだけとか、プログラミング知識もなくAPIを使うのは敷居が高いというのがほとんどの人に当てはまるのではないだろうか。
そんな時は、この方法で簡単に表示できる
(ちょこっとhtmlの知識は必要ですが、そもそも埋め込もうと言うのですからその知識はあるという前提です)
早速、「天保山」という山を表示してみましょう。
<iframe src=”http://maps.google.co.jp/maps?q=天保山&output=embed” height=”400″ width=”400″<>>/iframe>



こんどは、住所をセットして表示してみましょう。
こちらの方が汎用性が高いですね。
<iframe src=”http://maps.google.co.jp/maps?q=大阪府大阪市港区築港3丁目2&output=embed” height=”400″ width=”400″<>>/iframe>


このままでは何の場所が表示されているのかわからないですね。
吹き出しにタイトルをつけてみましょう。
検索ワードに( )をつけて文字を入れれば表示できちゃいます。^^
<iframe src=”http://maps.google.co.jp/maps?q=大阪府大阪市港区築港3丁目2(日本一低い山)&output=embed” height=”400″ width=”400″<>>/iframe>


表示倍率も調整してみましょう。
zパラメータを追加します。
※数字が大きくなると拡大(詳細表示)されます。
<iframe src=”http://maps.google.co.jp/maps?q=大阪府大阪市港区築港3丁目2(日本一低い山)&output=embed&z=8” height=”400″ width=”400″<>>/iframe>


ほかにもいろいろできますが、こんなもんで大抵は事足りるのではないでしょうかね。^^

シェアする

フォローする