アンティーク?なハードディスクを分解してみた Quantum Trailblazer 3.5inch IDE HDD

PC用のパーツ箱から昔使っていたハードディスクが出てきた。
Quantum Trailblazer 3.5inch IDE HDD
今となっては数百円のUSBメモリ以下の容量だ。
さすがに使い道もない。(こともないのだが少し整理しないといけないので)
廃棄前に分解してみた。

ハードディスクの分解は今更ながらではあるが、この形状は最近はすっかり見なくなった。
※最近はフレームが箱状で蓋が板状なのだが、これはフレームが板状で蓋がもっこりしている。
Quantum Trailblazer 3.5inch IDE HDD
蓋の固定も独特でした。
Quantum Trailblazer 3.5inch IDE HDD
こうみるとレコードプレーヤーそっくりですね。^^
ちなみにこのドライブは正常品。
そうなると当然動かしてみたくなりますよねぇ^^
カレントドライブにマウントしてPC起動!
おもしろーい!
普段見れないものを見るのは面白いですねぇ。
程なくWindows95が起動しました。
テスト中エラーも出ず正常に動き続けていました。
意外と大丈夫なのね。^^
※ハードディスクは密閉されています。
開封するとホコリが入り、限りなく故障する確率が高くなります。
目に見えないほどの微細な塵もダメです。
大事なディスクは絶対開封しないようにね。

シェアする

フォローする

『アンティーク?なハードディスクを分解してみた Quantum Trailblazer 3.5inch IDE HDD』へのコメント

  1. 名前:NCSA Mosaic 投稿日:2015/05/06(水) 11:16:40 ID:01962e8dc 返信

    すみません もしかしたら文字化けするかもしれません…
    Ubuntuから書いております。

    さすがにここまでアンティークなものは持っていませんが、現在所有している
    Seagate Medalist 4321も同じように蓋がもっこりしています

    良いものを見せていただきありがとうございます。

  2. 名前:まるむし 投稿日:2015/05/07(木) 21:24:28 ID:ffc1ff997 返信

    NCSA Mosaicさん。こんばんは、まるむしです。
    いや~ハンドルネームに反応してしまいました。^^

    NCSA Mosaicといえば、初めて使ったブラウザーですよ。
    おっとこんなことを書いてしまうと歳がばれてしまうのぉふぉっふぉっふぉっ(´盆`〟)

    あの頃は政府機関や大学の研究機関ぐらいしかまともにつながっていなかったなぁ。
    利用者のほぼ100%はホワイトハウスのHPを見たはずだよね(笑)
    そういえばインターネットイエローページ(電話帳のネット版のようなもの)なぞと言われる本があってそこに書かれているURLを叩いてアクセスしたものだ。
    今では考えられないね。┐( ̄_ ̄;)┌