ノートPC 増設メモリの選び方 DualChannel対応とそうでないもの両方を買ってみた Transcend DDR2 667

現役ではあるが、そこそこ古いノートPCのメモリがお手ごろ価格なので増設する事に。
本体購入の当時はとても高くて手が出なかったが、今では1G当たり1千円程度になっている。
退役が近いとしてもこの値段なら投資の価値があるだろう。
ここで考えなければならないのが、
増設スロットが空いているのか?
デュアルチャンネル対応なのか?

と言うことだ。

本体の取説と実際に装着されているスロットを確認する必要がある。
デュアルチャンネルというのは、仕様がまったく同じメモリを挿した場合、メモリ間で足並みをそろえて高速動作ができるというものだ。(若干語弊はあるがまぁそういうことだ)
たとえば、今回購入の「DDR2 667」などというのは、あくまで規格と動作速度、容量などであって、詳細なクロックタイミングなどは規定されていない。
適当に購入したメモリだと微妙に仕様が異なっておりデュアルチャンネルで動作できない可能性があるということだ。
まぁ逆に、メーカーなどが異なっても詳細な仕様があっていればデュアルチャンネルで動作してくれるともいえます。(経験的な話なので鵜呑みにしないほうが良いかも^^;)
悩ましいのが、デュアルチャンネル対応で、現行挿しているメモリを存続させる場合ですね。
その場合は、メモリを良く調べて同一使用のものを購入することになります。
そうすればうまく行けばデュアルチャンネル認識。
まぁ最悪デュアルチャンネルで認識してくれなくてもメモリはノーマルの速度で動作はするので良しとしましょう。

今回 TranscendのDDR2 667 が手ごろだったのでこれを購入することにしたのですが、
規格がまったく同じだが、デュアルチャンネル保証の2枚セットと1枚ものが売っていました。
微妙な価格差とはいえ1枚物の方が単価が安いのは気になりますね。(見た目同じものだしね^^)
複数台増設と言うこともあり、両方買ってみました。^^
Transcend DDR2 667
2G2枚セット、と2G単品です。
余談ですが、OSがXpの場合4Gに増設しても3Gまでしか使用できません。1G無駄になります。
これも悩ましい点ですね。
3Gデュアルチャンネルか、1G+2Gで無駄なく増設か なんてね。
Transcend DDR2 667Transcend DDR2 667
まったく同じシールが張られていたらちょっとがっかりするところでしたが、
一応別物でした。
2枚ものはちゃんとデュアルチャンネル動作保証としてパッケージしているようですね。
ではデュアルチャンネル用1枚と単品1枚でデュアルチャンネル動作はするのか?
と言う検証を期待するところでしょうが、そこは動作保証の話なのであまり意味がありませんね。
まるむしが今回、正常に認識したので次も正常に認識するという話ではありません。
よく当たる売り場で宝くじを買うことと似ている気がします。
まるむしはそのタイプではありませんのでこの検証は無しです。