風が吹いても大丈夫、線香用ライター(ターボ)せせらぎ2 レビュー&分解してみた

線香用のライターが欲しいと頼まれて購入したものだ。

手ごろな値段で、使い勝手が非常に良いので2個購入した。

ホームセンターで購入したのだが、置いているお店は少ないようだ。

大抵置いているのは、こちらのタイプでそっくりだがまったく違う
先のものは火口ががターボ(バーナー)の炎だが、これは単なる風除けが付いたライターだ。
購入の際は間違えないようにしましょう。
(ただの風除けなら100円ショップに売ってますね)
ということで大変気に入って購入した2台ですが、1つはあっさりと数ヶ月で壊れてしまった。
(たいした使用回数ではないでしょう…)
そこでどのような作りになっているのかいつものように確認することにする。


線香用ライター(ターボ)せせらぎ2
点火は横から親指で押すようになっています。
力の無い方でも比較的押し易いようです。
線香用ライター(ターボ)せせらぎ2
ターボタイプの火口なので一度着火すると少々の風では消えません。
線香用ライター(ターボ)せせらぎ2
金属部品はほとんど使われていません。
シンプルと言うより貧相な作りですね。
線香用ライター(ターボ)せせらぎ2
ケースに使われていたネジは恐ろしく粗悪なものでした。(100均商品と同じです)
極限までコストダウンしたといった感じですね。
まぁ確かに同等仕様の他製品に比べて間違いなく安いですが、
簡単に壊れてしまうようではやはり高い買い物と言わざるを得ません。
線香用ライター(ターボ)せせらぎ2
今回の故障箇所です。
判り難いですがてこの原理で動いている点火装置の力点の一部です。
ケースと一体で軟弱な樹脂で形成されています。
どう考えても連続使用を想定した作りとはいえません。
とてもよい商品だったのですが、永く愛用してもらおうと言う思想の元に作られたものではないようです。
残念な商品ですね。(まぁ今時どれもそうなんですけどね)

シェアする

フォローする