乾電池式カイロは使えるのか? 買ってみた | まるむしアンテナ

乾電池式カイロは使えるのか? 買ってみた

最近バッテリー式のカイロが密か?に人気だ。
エネループカイロ充電式やエネループ単3充電池が使用できるものもある。
ニッケル水素充電池が使用できるものは多分エネループだけ?だと思うが、
怪しい中国製など一番多くの種類が出ているのが、リチウムイオン充電池を使用するタイプだ。
(携帯やデジカメに使用されている電池と言えば判り易いかな)
この手のカイロは、使い捨てないカイロと言いつつも500回程度で電池がヘタってしまうらしい。
交換用の電池も無いので結局は使い捨てだ。1シーズン使いきりといったイメージの商品だ。
そんな中更に怪しい乾電池式カイロと言うものが存在する。
本体価格が大変安い(高価なリチウムイオン電池が内蔵されていないためだろう)ので、
心惹かれるが少し考えればコストパフォーマンスが大変悪いことに気が付く。
使い捨ての乾電池を使用するんだから当然だ。
ならばこれにエネループが使用できれば、本体は安いし充電池は使えるし良い事ずくめではないか!
と皆考えているのではないだろうか。
と言うことであまり欲しくも無いが人柱的に1つ買ってみた。
乾電池式カイロ

LowとHighの2段階の温度が設定できます。
乾電池式カイロ
ヒーター面は片面です。
乾電池式カイロ
単3電池2本でドライブするようになっています。
乾電池式カイロ
スペックです。
ほぼカタログどおりの性能のようです。
本体は超軽量です。ヒーター素子以外は入っていないんじゃないのか?という軽さです。
実際そうなのかもしれません。
テストの前に早速分解を…と分解し始めたのですが、さすが中華製! ネジが鈍らで回せません。(><)
いきなり破壊しいてはテストできないので今回分解は見送りです。
ついでにテストも明日に見送り! --;

シェアする

フォローする