GENTOS TX-180LM 単3電池×3 エネループOKで180ルーメンなLEDライトを買ってみた

先日注文していたGENTOS TX-180LMが届きました。^^

早速開封です。
GENTOS TX-180LM
かなりのずん胴さんですね^^;

握りやすい太さではありますが、引っ掛かり的なものが無いのでしっかり握らないとすり抜けてしまいそうです。
GENTOS TX-180LM
リング回転式のモードセレクターです。
操作し易いですが、こちらも凹凸が少ないので、慣れないと暗闇ではどこがリングか良く分からないかもしれませんね。
明るさは4段階+フラッシュ点滅、SOS点滅のモードがあります。
GENTOS TX-180LM
単3電池3本をホルダーにセットしてから本体に入れます。
写真に写っている電池は付属していたテスト用電池です。
エネループ対応なのでランニングコストの心配はありません。
エネループはセットし辛いという記事をネット上で見かけましたが、もしセットし辛いようならホルダーの+ネジを少し緩めると簡単にセットできるようになるらしいですよ。
まるむしの手持ちのエネループでテストしたところ、すんなりセットできたのでこの点は検証していません。
GENTOS TX-180LM
いつものように愛用のELPA DOP-014BKと比較です。
どうしようもなくでかく感じますね。^^;
重量的にも、大きさ的にももうポケットに忍ばすと言う感じではありません。
GENTOS TX-180LMGENTOS TX-180LM
ついでにGENTOS SuperFire SF-101とも比較してみました。
同じぐらいの大きさですが、太さはかなり違います。
ちなみにSF-101は単4×3本の仕様です。
これぐらいがまるむしは握りやすいです。
GENTOS TX-180LM
ELPA DOP-014BKと明るさの比較です。
明るさは同じぐらいでしょうか? GENTOS TX-180LMは一番くらいLOWモードです。
(ELPA DOP-014BKは結構使っているので最近ちょっと輝度が落ちてきているような気がしています)
GENTOS TX-180LM
今度は、GENTOS TX-180LMのモードを最大のMAXモードで比較です。
比較にならない明るさですね。^^
今回購入のポイントは、サイズはある程度妥協して、実用時間、高輝度、ランニングコストを重視しての買い物でしたので十分満足いくスペックでした。
もし大きさが気になるなら、コンパクト高出力のCR123Aリチウム電池を使ったタイプが良いですね。

『GENTOS TX-180LM 単3電池×3 エネループOKで180ルーメンなLEDライトを買ってみた』へのコメント

  1. 名前:デニ 投稿日:2011/11/17(木) 17:32:20 ID:589fc6ab0 返信

    かなりいいですね!買いそびれましたが、この価格ならホントおとくですよね !

  2. 名前:まるむし 投稿日:2011/11/17(木) 21:16:05 ID:589fc6ab0 返信

    たまたまネットで見つけたので皆さんにもお知らせしたのですが、あっという間に売り切れましたね。
    普段からウォッチしている人がいるんでしょうね。
    パッケージ破損品ということで、開封品の可能性も覚悟していたのですが、パッケージの角が割れてなくなっていると言う状態の未開封品でした。
    落とした衝撃で割れたんでしょうかね。
    本体はパッケージで保護されているのでまったく問題無しでした。^^