高い割りに使い難くて質も悪いマイクロソフト製マウスのクリックが不調だったのでついでに修理してみた

安物マウスの質の悪さに閉口し、奮発して高価なマイクロソフトのマウスを購入してみたが、
意外と質が悪くてガックリ。
もったいないので我慢して使っていたがクリックもまともに出来なくなりジャンク箱にぶち込んでいたマウス。
と言うものがあったことをエレコムのマウスを修理していて思い出した。
じゃぁついでにということで修理してみた。
マイクロソフト ワイヤレスマウス
とりあえず開けてみる。

ちなみにクリックボタン部は、滑り止め的なコーティングがされていたが、
使い続けていると溶けてきてネバネバになってしまったので有機溶剤で拭き取ってしまったので今はつるつるだ。
また単3電池を2本使用するので非常に重いのだが、なぜだか1本でも使えてしまう謎な仕様のマウスなのだ。
マイクロソフト ワイヤレスマウスマイクロソフト ワイヤレスマウス
なんと基盤は2段積み。

マイクロソフト ワイヤレスマウス
マイクロソフト ワイヤレスマウス
調子の悪いマイクロスイッチ部品。
どうやら分解無理っぽい。
マイクロソフト ワイヤレスマウス
隙間があるようなので、ダメ元で接点復活材を流し込んでみた。
本来吹き付けた後は拭き取るものなのだが、当然拭き取ることは出来ないのでそのまま。^^;
んで、その後ですが何度かカチカチ使っていると徐々にクリックが復活!
今では正常にクリックできるようになりました。 めでたし!
まぁもう暫く使ってやるか。

シェアする

フォローする