硬くて押せない使いきりライター、電子ライターを軽くしてみた

子供が使うと危険と言うことで全ての電子ライターの点火装置が硬くなった。
CR対応ライター チャイルドレジスタンス対応 などというらしい。
小さな子供の力では点火できないようにしているのだ。
使いきりライター、100円ライターと呼ばれるものは全てが対象ですね。
電子ライターの点火装置を軽くする電子ライターの点火装置を軽くする
おまけでもらったライターたち。 硬いです。
子供によるライターの事故は多いので非常に良いことなのだが、
非力な高齢者や女性、何らかの事情により握力が弱ってしまった人などは点火できない場合もあるようで、
大人の力でもなかなか辛い硬さだ。子供のいない成人には迷惑な仕様です。
まるむしにも小さな子供がいますが、そもそも子供が使わない車内やアウトドア用などには
やはり元の固さが使い易いので、硬さを元に調整します。
※折角付いている安全装置を解除する訳ですから特殊用途ということで...^^
むやみに解除するのはやめましょう。道に落としたライターを子供が拾うということも考えられますしね。

まるむしの予想としては、既存の構造に部品を追加、または交換して固さを調整しているだろうと言う読みです。
電子ライターの点火装置を軽くする
ばらしました。
やはり今までにはありえなかった場所にスプリングが入っています。
硬さ調整用のバネですね。
電子ライターの点火装置を軽くする
取れました。
電子ライターの点火装置を軽くする
組みました。
....いつものほどよい硬さです。^^
電子ライターの点火装置を軽くする
次はこちら。 最近コンビニでよく見かけるおまけのライターですね。
これも多分同じでしょう。
まず底の小さな+ネジを取ります。


電子ライターの点火装置を軽くする
引っ張ると抜けます。
電子ライターの点火装置を軽くする
こんな風にばらばらにすると組むのが面倒なので関係ない場所をバラスのは止めて...^^;
電子ライターの点火装置を軽くする
ここと
電子ライターの点火装置を軽くする
ここのピンを先の尖った千枚通しやゼムクリップなどで押して抜きます。
電子ライターの点火装置を軽くする
分離しました。
電子ライターの点火装置を軽くする
カチカチ指で押えるところの部品を取って調整用のスプリングを抜き取ります。
後は組戻して完成。

出来の悪い使いきりライターって使わなくてもガスがどんどん減っていきますね。
まるむしは、引き出しから出てきた20年以上前のBICのライターにちゃんとガスが残っていてびっくりしました。
BICのライターって地味だけどすごいですね。
まぁコストを極限まで削るようなことをしなければ、同じものは作れるんでしょうけどね。
とりあえず安心のブランド?

シェアする

フォローする

『硬くて押せない使いきりライター、電子ライターを軽くしてみた』へのコメント

  1. 名前:otama 投稿日:2011/06/13(月) 01:17:34 ID:589fc6ab0 返信

    最近タバコ屋で貰ったライターが固くて両手で点けてました。私は一人暮らしなので、大変助かりました。

  2. 名前:JAPAN 投稿日:2012/01/23(月) 14:48:06 ID:589fc6ab0 返信

    親指腱鞘炎なってたから助かりました(^o^)
    ありがとうございます(^^)/~~~

  3. 名前:朝日 投稿日:2012/06/27(水) 18:41:53 ID:589fc6ab0 返信

    わろた~
    子供寄せ付けず機能も、オプション的に解除できるなら問題ないです[絵文字:v-266]

  4. 名前:Edy 投稿日:2012/07/10(火) 22:28:18 ID:589fc6ab0 返信

    物凄く助かりました
    蚊取り線香に火をつけるのに
    何でこんな苦労を…て位硬かったので