擦りキズがついて見れなくなったDVDやCDを復活させてみる方法 | まるむしアンテナ

擦りキズがついて見れなくなったDVDやCDを復活させてみる方法

子供のDVDの扱いが雑で見られなくなってしまったので復活させてみる。
タイトルのとおり、復活させてみる方法であって、復活させる方法ではない。
リスキーな方法なので真似する時は覚悟して行ってください。^^
取り返しがつかなくなる方法なので一応断わっておかないと...ね。^^;
まぁ数枚やりましたがとりあえず成功しているのでオススメではありますが…
いつもはコンパウンドを使いますが、今回はちょっと気になる商品があったのでそちらで試して見ます。
超精密研磨フィルム
超精密研磨フィルム 10000番です。(番手が大きいほど細かくなります)
更に大きな番手もあり悩みましたが今回はこれです。

DVDのキズを消して読み取れるようにしてみる
擦り傷が原因で読み取れなくなったDVD-Rです。
ゴシゴシやっちゃいましょう。
気持ち的にはぴかぴかになって欲しいところですが、残念ながらキズだらけになります。^^;
ここでビビらずに思いっきりごしごしやって、大きな傷を消しましょう。
この時こする方向は回転方向に対して直角方向です。(中心から外側の方向)
ディスクの読み取り装置は、直行するキズには結構強いのです。
DVDのキズを消して読み取れるようにしてみる
細かい擦り傷だらけになりました。
10000番の研磨シートでもこれだけの傷がつきます。(もっと細かいのでも良かったな…)
シートは思ったより丈夫な印象を受けましたが、さほど使用していないのでまだわかりません。
レポートはまたの機会に。
さてDVDですが、バッチリ復活しました。
しかしこのまま使い続けるのはあまりに不安なので、新しいDVD-Rにコピーしてこのディスクは破棄します。

シェアする

フォローする