Xoops cube インストールすると文字化けしてしまう場合(XOOPS CUBEをUTF-8でインストールする方法)

久しぶりに XOOPS CUBE をインストールしてみた。
インストールは簡単に終了だが、最後に表示される画面が文字化けしている。
ブラウザでキャラクタの変更するとどうやらECU-JPのようだ。
調べると確かにECU-JPが基本のようだ。(今後はUTF-8に移行の可能性もあるよだが…)
まるむしのDBは、基本的にUTF-8に設定されている。
できればUTF-8で構築したいところだ。
色々と方法はあるようだが、実は簡単にできる方法が用意されている。
インストール用のファイルを解凍したら、extrasというフォルダにextra_languagesというのがあるので、そのなかのja_utf8を見つける。
これがUTF-8でのインストール用に書き換えられたファイルだ。
このフォルダ内のファイルをhtml配下のファイルに上書きしてしまうのだ。

2.1.8だとhtmlの構造で保存されている。
上書きしたらhtml配下のファイル(ディレクトリ)をサーバーにアップして、
通常のインストールを行えばUTF-8で導入完了だ。

シェアする

フォローする