ホースが裂けてしまった掃除機のホースを修理 ナショナル電気掃除機 MC-U24T

壊れたら新しいのを買おうと思っているのだがなかなか壊れない丈夫な掃除機 ナショナルの縦型掃除機MC-U24T
1996年の上期に製造された機種だ。
ナショナル電気掃除機 MC-U24T
本体は相変わらず元気なのだが、ノズルをつけてゴミを吸う際ホースが短いので結構引っ張ってしまうのが原因だろう、ホースが裂けてしまった。(巻いてあるビニールテープのような素材がはがれるようにして裂けている)
ナショナル電気掃除機 MC-U24T
この掃除機のホースは縦型でホースに入っているのはワイヤーのみだ。
横型掃除機のようにスイッチなどの配線は入っていないし、裂けているのはホースの先端付近なので、
今回は裂け目を塞ぐのではなく、切り詰めて修理するのがよさそうだ。
ただでも短いホースが更に短くなるのは気に入らないがしょうがない。
ってことでダメージを受けていない部分までカットしちゃいましょ。


ナショナル電気掃除機 MC-U24T
カットしました。
この手はねじ込んで接着されているので強引にほどいてい行きます。
破壊せずに引き抜くのは大変ですが、今回は捨ててしまう部分のホースですからワイヤーを引っ張ってやると簡単に取ることができました。
ナショナル電気掃除機 MC-U24T
接着剤のカスが残っています。
このままではねじ込むときに邪魔になるのできれいにします。
ナショナル電気掃除機 MC-U24T
取った接着剤のカスです。
まるむしはハンダ付け用の工具(歯医にあるような先の曲がったフック状の小道具)で簡単に取れましたが、
持っていなければ千枚通しのようなもので取ることになるので、筒の内側のらせん状の溝に付着した接着剤はちょっと取りにくいかもしれませんね。
ナショナル電気掃除機 MC-U24T
接着剤を塗っておきます。
Gボンドを使いました。本来はちょっと乾かしてから接着するのですが今回はねじ込まないといけないのですぐに作業します。
ナショナル電気掃除機 MC-U24T
ねじ込み完了。切り詰められていることも分かりませんね。
もちろん使用上の問題もなし。
まだ当分は現役のようですね。^^

シェアする

フォローする